賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

田舎暮らし体験イベントに参加してみる



「定年後は田舎で暮らしたい」と思ってみても、自分の希望に合った場所を探すのは大変な作業です。その手助けとなるのが、田舎暮らしを希望している人のためのイベントです。こうしたイベントに積極的に参加することが田舎暮らしへの第一歩と言えるでしょう。

田舎暮らしのためのイベントとは

田舎暮らしのためのイベントとは

田舎暮らしに関するイベントには、全国各地の自治体から出張してきた担当者がその土地の魅力を紹介してくれる"地域起こしフェア"のようなタイプもあれば、各自治体が行なう"田舎暮らし体験イベント"もあります。

地域起こしフェアでは、全国の情報を一度に仕入れられるので、具体的なエリアを決めていない人にオススメです。一方、田舎暮らし体験は、その土地で農業や漁業、林業などを実際に体験し、地域の人と食事をしながら交流できるので、より現実味があると言えます。どちらにしても、担当者や地域の人とじっくり話をして希望を伝え、自分が最も田舎暮らしを楽しめる場所を探すようにしましょう。

イベントで注目するべきポイント

イベントで注目するべきポイント

田舎暮らしのイベントには、様々な情報が集まっています。その中で特にどこに注目すれば良いのでしょうか。ここでは、イベントに参加した際に見るべきポイントを紹介します。

土地の特徴を知る
「田舎暮らし体験イベント」の場合は、ひと通りその土地の特徴が把握できるとは思いますが、「地域起こしフェア」の場合は、担当者に質問をして、その土地がどんな特徴を持っているかを聞きましょう。きれいな山並みや清らかな川が流れる土地なのか、山深い場所にある隠れ家的な田舎なのか、個人によって魅力的と感じるかどうかは変わってきますので、しっかりと特徴を把握するようにしましょう。
できるだけ生の声を聞く
「田舎暮らし体験イベント」に参加した場合は、その土地の良い部分ばかりに目が行ってしまうものです。また、イベントを主催する担当者は、移住者をたくさん集めたいという目的がありますので、ネガティブな話はあまりしてくれない可能性もあります。ですから、イベントに参加した場合は実際に移住された方の体験談や苦労話をうかがい、自分が実際に暮らせる場所かを判断するようにしましょう。
移住者への特典についてもチェック
田舎暮らしを歓迎している土地では、移住者の資金的な援助や農業・職業支援などを行なっている場合があります。こうした特典もイベントでは積極的にPRされていますので、必ず確認するようにしましょう。また、高齢者への医療補助制度なども合わせてチェックすると良いでしょう。
ページトップへ