賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

古民家再生物件を借りて理想の田舎暮らし



田舎暮らしをする人にとって、どこに住むのかは最も大きなテーマになるでしょう。家を建てる場合もありますが、賃貸で古民家に住むというのもひとつの選択肢です。ここでは、古民家について紹介します。

古民家とは

古民家とは

古民家とは、古くなった家屋のことを指します。何年以上経てば古民家と呼ばれるようになるかなど、定義は必ずしもありませんが、太い梁や大黒柱などで建てられているものが多いようです。こうした古民家は、全国各地の至るところにあります。長く住んだものの、地方から都会へ引越して家を放置しているケースもあれば、同じ地域内で、新築物件を建てて移り住み、誰も住まなくなるケースなど様々です。こうした古民家を賃貸して住むことは、田舎暮らしのひとつの手段になっています。

古民家再生とは

古民家再生とは

日本の四季を考えて建てられた木造建築には、耐久性に加えて日本人に最も適した住みやすさというメリットがあります。ですから、"古くなったから解体する"という考え方は、あまり歓迎されていません。特に最近では、古くなった家を補修して住めるようにする「古民家再生」の動きが全国で活発になっています。また、古民家を現代風にリノベーションして機能性や外観の美しさなどを手に入れるケースもあり、田舎で住まいを探す人にとって、外すことのできないポイントになっています。

古民家バンクなどを利用して古民家を借りよう

古民家バンクなどを利用して古民家を借りよう

古民家は地域資源であるとの考えのもと、全国の各自治体では、古民家再生への取り組みが行なわれています。古くなった家屋は、空気の循環などが悪く、様々な障害があるのは確かですが、その土地の気候風土や歴史にリンクした財産とも言うべき存在なのです。こうした古民家を再生し、人が住みやすい環境に生まれ変わらせる取り組みが活発になってきました。NPO法人を立ち上げ、自治体職員はもとより、地域の大学、建築設計士、学生などが集まって古民家再生のプロジェクトを行なっています。そうした活動に合わせて、人口減少という地方の課題克服や古民家の有効活用のために「古民家バンク」を立ち上げ、インターネットなどを通じて情報提供を行なっています。さらに詳しく知りたい人は、古民家バンクが開催するイベントなどに参加して古民家賃貸物件の情報を仕入れると良いでしょう。積極的な活動を行なっている自治体の場合、地域住民との結び付きも強かったりしますので、新しい土地で暮らすことへの不安を取り除く様々な配慮もしてくれるはずです。

ページトップへ