賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

田舎よりも都会が良い?
利便性の高い都会暮らしのメリット



都会に住んでいる方にとっては、田舎暮らしのメリットがあるとは思いますが、逆に田舎で暮らしている方にとっては都会で暮らすメリットがあります。年齢も50歳を超えると、身体に不調を感じやすくなってくるものです。田舎で暮らしていると、住んでいる家の近くにスーパーや病院がないことは珍しくありませんし、不便さを感じながら暮らすことになるかもしれません。ここでは、利便性の高い都会暮らしのメリットを紹介し、あわせて「サービス付き高齢者向け住宅」について説明します。

メリット1:買い物がしやすい

メリット1:買い物がしやすい

都会で暮らす上で、買い物が便利なことはとても大切なことでしょう。特に年齢を重ねていく程、近くにスーパーなどのお店が揃っていることはとても重要なことです。田舎の場合は、近くにお店がないことが多く、バスや車を運転して遠方まで買い物に行かなければならないですが、都会の場合は、スーパーやドラッグストアだけでなく、大型ショッピングセンターが近くにあれば食品や日用品などをまとめて購入することができます。

メリット2:病院が近くにある

メリット2:病院が近くにある

年齢を重ねると身体の不調に悩まされることも多くなってくるでしょう。そうしたとき、近くに病院があるかないかはとても重要です。田舎の場合、最寄りの病院まで通うために自動車を運転したり、バスに乗らないと行けなかったり、場合によっては病院に行くまでに1時間以上を要することもありますので、緊急を要する際に取り返しのつかないことが起きてしまう可能性があります。"自分は病気にならないから大丈夫"と考えていても、病というものはいつ何時、自分の身にやってくるか分からないものです。

都会に暮らしていれば、そうした心配を解消することもできます。ある程度の年齢を重ねれば、定期的に健診してもらうことがとても大切になりますし、何日かおきに何度も病院を訪問しなければいけなくなります。そう考えると、病院が近くにある都会暮らしのメリットは大きいと言えるでしょう。

「サービス付き高齢者向け住宅」の利用を考える

「サービス付き高齢者向け住宅」の利用を考える

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、バリアフリー設計や緊急通報サービスなどの定められた基準をクリアした高齢者向けの賃貸住宅のことです。心身の不調が起きやすい高齢者に配慮した都市型賃貸住宅と言え、入居対象者は60歳以上、もしくは要介護・要支援認定者とその同居者です。歩行が困難になったり、情報をスムーズに入手することが難しくなってきたり、高齢者にとって既存のマンションではすべてをフォローできないので、こうした「サービス付き高齢者向け住宅」を活用することで、日々の暮らしを快適に過ごすことができます。各自治体によって「サービス付き高齢者向け住宅」への取り組みは様々ですので、興味のある人は各自治身体に問合せてみましょう。

ページトップへ