賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ワンちゃんのストレス解消術



犬には集団行動を好む習性があり、飼い主のそばにいることを好みます。その習性を踏まえて、ストレスを回避する対策を取ることが重要です。

リビングなどに犬のスペースを作って家族の一員に

リビングなどに犬のスペースを作って家族の一員に

いつも飼い主のそばにいたい犬のために、リビングなど家族が集まる場所かその近くに犬用のスペースを作ってあげると良いでしょう。甘えたいときにはピッタリ隣に寄り添うこともでき、自分のペースでくつろぎたいときは犬用のスペースへ。家族の様子を近くで眺められるので、犬も安心して過ごすことができます。

プライベートスペースも必要です

プライベートスペースも必要です

留守番中に雷や地震が起きたとき、怒られたときなどに、犬が逃げ込めるスペースを作ってあげることも必要です。犬用スペース近くに、サークルで囲いを作って中に小屋やベッドを置いてあげるなど、「自分だけの城」を確保してあげると良いでしょう。

運動でエネルギーを発散させよう!

運動でエネルギーを発散させよう!

留守番が長い、散歩していないなど、運動不足がストレスの原因になることは多々あります。散歩に連れ出してたくさん歩かせましょう。エネルギーを発散して犬もスッキリするはずです。なかなか散歩できないときは、部屋の中で一緒に遊びましょう。オモチャの引っ張りあい、ボールを投げて取りに行かせるなど、体を動かす遊びをしてあげましょう。エネルギーの有り余った犬にとっては、運動することが一番のストレス発散です。

シニア犬とは穏やかに過ごす時間をもちましょう

シニア犬とは穏やかに過ごす時間をもちましょう

愛犬が高齢になると、安全に生活させるための模様替えや、犬用スペースの場所を替える必要が生じることもあります。しかし、犬は引越しやリフォーム、模様替えなど環境の変化が苦手です。特に高齢犬はその変化に慣れることができず、ストレスから元気がなくなってしまうこともあります。最初に愛犬が高齢になった場合のことも想定して間取りをチェックすることがベストですが、それが難しい場合は、少しずつ模様替えをして徐々に慣れさせる、犬が不安を感じないように一緒にいる時間を長くするなどの配慮が必要です。そうすると、変化は感じつつも、大好きな飼い主さんがくつろいでいる様子に犬も安心します。

トイレは常に清潔に!

トイレは常に清潔に!

キレイ好きな犬はトイレが汚れているとストレスを感じます。キレイにしてもらえるまで排泄を我慢し続けたり、別の場所で排泄してアピールしたりするのがストレスサインです。長時間留守にするなら、吸収性の良いトイレシートを使用するなど、常に清潔な状態を保つ必要があります。

ページトップへ