賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ペットは空気に敏感



空気の循環や湿度の調節がきちんとできていない部屋は、ホコリやカビ、ダニの温床となりやすく、人間はもちろんペットにも害を及ぼします。賃貸物件探しで内見する際には、室内の空気循環や、湿度の変化などもチェックするようにしましょう。

劣悪な空気環境はペットの健康に影響大!

劣悪な空気環境はペットの健康に影響大!

人間同様、もしくはそれ以上にペットは空気に敏感と言えます。体高が低く、頭や体が床に近いため、換気や湿度の環境が良くないと、その影響をまともに受けてしまいます。また、換気が悪いとペットの臭いが部屋にこもるため、飼い主にとっても良い住環境とは言えなくなってしまいます。飼い主もペットもみんなが健康で快適に暮らすために、空気環境は非常に重要な問題であると言えます。

換気がきちんと行なわれていない部屋には、ホコリがたまりやすくなります。ホコリを吸い込むと悪影響を及ぼすだけでなく、犬の場合、床に落ちているホコリを舐めてしまうこともありますので、こまめに空気の入れ替えと床の掃除を行なう必要があります。

犬や猫は乾燥も高湿度も苦手です。このような環境で生活していると、アレルギーを引き起こしたり、皮膚病を患ってしまうこともあります。ダニやカビ、季節によっては帰宅した飼い主の衣服に付着した花粉の影響などが原因となり、アレルギーを引き起こしてしまい、あわてて動物病院に駆け込むというケースも増えています。ですから、人間と同じように空気清浄機を使用するのもひとつの手と言えるでしょう。

空気の清浄、適正な部屋の温度・湿度の管理は、ペットにとって人間と同じレベル、もしくはそれ以上に大切なことなのです。

忘れがちな湿度管理

忘れがちな湿度管理

湿度の調整がきちんとできていないジメジメした部屋は、カビやダニが繁殖しやすくなります。ペットは抜け毛や特有の臭いがあるため、意識的に空気の入れ替えをきちんと行なっている飼い主が多いのですが、忘れがちなのが湿度の管理です。特に高湿度はペットの大敵です。カビやダニの影響でアレルギー体質になってしまったり、皮膚病を引き起こす原因になりますので、あなどってはいけません。適正な湿度を保つよう心がけましょう。

人間よりも体が小さいため、環境の善し悪しの影響を直に受けるのがペットです。より良い住環境を作るよう意識してあげましょう。

ページトップへ