賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

空気環境はお部屋選びから



人間と同じようにペットにとっても快適な空気環境が必要です。換気・湿度も考慮して一緒に生活するための賃貸物件を探しましょう。

チェックするのは空気の出入り口

チェックするのは空気の出入り口

近年、高気密・高断熱の建物が増えてきたため、シックハウス対策のひとつとして「24時間計画的な換気」を行なう必要性が出てきました。そのため、建築基準法が改正され、2003年7月1日以降に着工された物件には、窓を開けなくても常に適度な換気が行なわれる設備の設置が義務付けられました。いくら窓を全開にしていても風がなければ無意味です。また、一時的に窓を全開にする程度では、部屋の隅々まで換気するのは困難であることから、計画換気ができるシステムが必要になり、この法律が施行されたのです。

そのため、賃貸物件探しの際には、まず築年数を確認してみると良いでしょう。この義務付け以前の物件の場合は、特に部屋の中を注意してチェックする必要があります。

まずはリビングなどの壁に換気スリーブなど、空気の入口があるかどうかを確認しましょう。そして、その対角線上に空気の出口があるかどうかも合わせて確認する必要があります。一般的に空気の出口は、浴室やキッチンなど水まわりに設置されていることが多いです。入口と出口がきちんと対角線上に設置され、空気が循環しているかをチェックしましょう。

正しい換気の方法

正しい換気の方法

空気は入口と出口が一方通行なため、換気口がひとつだとその効果は期待できません。例えば、換気扇を回すと空気は動きますが、出口を作ってあげなければ外には出て行かないのです。対角線上にある窓を開けるなど、空気の出口を作るようにしましょう。

また、窓を全開にするより少しだけ開ける「すき間換気」は、すき間付近の空気がグルグルと動いているだけなので、こちらも効果はほとんどありません。空気の入口を15cm程のすき間にし、対角線上の窓を全開にするのがオススメです。さらに、空気の流れを邪魔しないよう家具を配置するのもポイントとなります。

低い位置程清潔に!

低い位置程清潔に!

空気環境を整えたら、換気しながらこまめに掃除をしましょう。ペットにとってはホコリも大敵です。吸い込んだり、舐めてしまわないよう床の隅々にまで目を光らせて、清潔な部屋を心がけて下さい。リビングのクッションなども定期的に天日干しをしたり、カバーを洗濯するなど、ホコリが出づらい環境を整えるのがベストです。

ページトップへ