賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

収納すれば壊れない&ケガしない



犬や猫は、とにかく好奇心旺盛でいろんなものに興味津々です。脱ぎっぱなしにした靴下でペットが遊び始めた…なんていう経験はないでしょうか。犬や猫にとっては、触れられるものはすべておもちゃのようなものです。感電、誤飲など事故を防ぐのはもちろんのこと、自分の大切にしているものを壊されてしまうのを防ぐためにも、部屋は散らかさないように片付け、きちんと収納のできる環境を整えることも重要なのです。

作り付けの収納スペースを重視してお部屋選びを

作り付けの収納スペースを重視してお部屋選びを

賃貸物件探しの際に収納スペースを確認する人は多いでしょう。これはペットと暮らすためにも重要なチェック項目です。自分で揃えた家具で収納スペースを増やすこともできますが、その家具の周りにはどうしてもすき間が生まれ、そこにホコリが溜まるなどの問題が生じてしまいます。作り付けの収納スペースが多いお部屋なら余計なすき間が生まれないため、清潔な環境を保つことが可能です。理想が叶わず、自分で家具を設置する場合は、こまめに掃除をする習慣を付けることが重要です。

収納スペースが必要な場所

収納スペースが必要な場所

ペットを飼う上で必要になるスペースについて紹介します。

リビング
犬や猫が一緒にいることの多いリビングは特に気を付けたいスペースです。触れられる高さの収納は扉付きや引出しタイプの棚などにするのがベストです。ペットフードやおやつなどは、その臭いに反応することもあるため、ペットが触れられないところに収納するようにしましょう。ゴミ箱も高さのあるものや、簡単に倒されないものを選んで下さい。
キッチン
臭いを発する生ゴミなど、ペットの本能を刺激してしまうものがたくさんある場所がキッチンです。留守番中にゴミを漁られたりしないよう、フタの付いたものなど密閉度の高いゴミ箱をセレクトしましょう。また、ゴミの処理はこまめに行なって下さい。
浴室
石けん、シャンプーなど、万が一ペットが浴室に入って口に入れたら危険なものが多いため、扉付きの収納があると良いでしょう。扉がない場合は、高い位置に収納するなど工夫する必要があります。
玄関
リードや排泄袋など散歩に必要なグッズ、帰ってきた際の足拭き、さらには犬のおしっこシートなどを収納できるスペースがあると便利です。1人暮らしなどで玄関にスペースがない住まいの場合は、リビングなどに工夫して収納しましょう。自分の物だけでなく、最初からペット用アイテムの収納場所も確保する必要があることを念頭に置いて賃貸物件探しをするのがオススメです。
ページトップへ