賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

猫と一緒ならこんな部屋に住みたい!



猫には高い場所でも行動するという習性があります。また単独行動を好むので、そういった習性を理解した住まい作りが必要になります。

隠れられる専用スペースは必須

隠れられる専用スペースは必須

いくら慣れている飼い主と生活していても、基本的に単独行動を好みます。また、警戒心が強いため、来客の際には隠れていられるスペースが必要になります。多頭飼育の場合は、ケンカしたときに弱い猫が逃げ込めるスペースにもなるため、必ず専有スペースを作ってあげましょう。狭い場所を好むので、入口を小さくしてあげると良いです。

キャットタワーなど高いところにも居場所を作ろう

キャットタワーなど高いところにも居場所を作ろう

平面的に行動する犬と違い、猫は高いところを好むなど立体的に行動します。そのため、キャットタワーなど高いところに上がれるスペースを作ってあげましょう。上り下りすることで運動不足の解消にもなります。また、高いところに居場所があると、そこから安全確認をできるためストレスがたまりません。多頭飼育の場合も、弱い猫の居場所を高いところに作ってあげて、上から安全確認ができるようにしてあげましょう。

消臭はしっかりと!

消臭はしっかりと!

体臭やトイレの臭いを消す工夫は必須です。換気システム、消臭クロス、トイレの近くに空気清浄機を設置するなどの対策をとれば、来客も安心して迎えられます。トイレの砂も消臭効果の高いものが増えてきているので、合わせて活用すると良いでしょう。

汚れにくい&傷付きにくい床や壁

汚れにくい&傷付きにくい床や壁

猫の爪は非常に強いため、床や壁が傷付きやすくなります。そのため、床から腰壁までの壁は爪よりも硬いタイルにすると良いでしょう。はがしたり部分交換のできる腰壁材もあります。汚れた部分だけを交換できるクロス貼りだとメンテナンスがラクで清潔な住環境を保つことができます。また、最近では皮脂や液体などによる汚れが付きにくい素材のタイルなどもあり、これは掃除もしやすく衛生的でオススメです。また、床や壁で爪をとがないよう、爪とぎを置いておくのも忘れないようにしましょう。

陽当たりの良い大きな窓でウトウト…

陽当たりの良い大きな窓でウトウト…

ポカポカと陽当たりの良い大きな窓があると、猫はリラックスして日なたぼっこができます。また、猫は窓から外を眺めるのも大好きです。窓辺を好むので、陽当たりの良い大きめの窓がある住まいは理想的です。

ページトップへ