賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

大好きなペットと楽しい時間を過ごそう



大好きなペットと生活するための賃貸物件を探す際に重視したいのは、周りの環境です。家の中だけでなく、近所の様子などもリサーチしてから決めるのがベストです。家の中も外も安全で安心な環境が整っていると、ペットとの生活も充実したものになるでしょう。

車や自転車に気を付けて!

車や自転車に気を付けて!

大きな幹線道路に面したアパート・賃貸マンションなどは、住宅街の真ん中にある賃貸物件と比べると、愛犬の散歩などで外出する際に危険が伴います。エントランスから出る際に愛犬が飛び出したら、もし首輪がはずれたら、車やバイクが行き来する道路に愛犬が飛び出したらと考えると、幹線道路に面した賃貸物件はあまりオススメできません。

また散歩などの外出時には愛犬も興奮しています。飼い主としてしっかり責任を持ち、安全な道までは抱きかかえる、飼い主より前を歩かせず必ず隣にいさせる、万が一首輪がはずれても飼い主の命令で動かず立ち止まらせるなど、しつけをきちんとしなければなりません。散歩の必要のない猫でも油断は禁物です。玄関やベランダから飛び出して外に出てしまわないように注意が必要です。大好きなペットの安全にかかわる問題には細心の注意を払って、安心して生活できる環境を作りましょう。

騒音がストレスになることも

騒音がストレスになることも

賃貸住宅の近くに大きな道路や高速道路があると、トラックなど車の走る音やクラクションなどの騒音が気になります。犬の耳は人間に比べて、小さな音まで敏感に捕らえるため、大きな音が常に聞こえているような環境はストレスになるのです。やはり大きな道路に面した賃貸物件よりは静かな環境にある賃貸物件を選びたいところです。同様に、大きな道路だけでなく、繁華街の中、またはすぐ近くにある賃貸物件も、騒音が気になるためオススメできません。

散歩コースや、周辺施設の確認を

散歩コースや、周辺施設の確認を

愛犬と暮らす場合は、家の近くに安心して散歩ができる道があるかを確認する必要があります。車両の入れない公園やドッグランなどの施設があればより安心して散歩が楽しめるでしょう。またペットが病気になったときにお世話になる動物病院や、ペット用品が足りなくなったときにすぐに買い物ができるペットショップなどが近くにあると便利です。

部屋の間取りだけでなく、賃貸物件の立地にも気を配ってお部屋を探しましょう。

ページトップへ