賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ペット共生型マンションって?



「ペット相談可」の賃貸物件が少しずつ増えつつある中で注目されているのが「ペット共生型マンション」です。ここでは、ペットと暮らす新しい形とも言える「ペット共生型マンション」の特徴について紹介していきます。

「ペット相談可」賃貸物件との違いは?

「ペット相談可」賃貸物件との違いは?

「ペット相談可」の住まいとは、規約でペットの飼育が認められている、オーナーがペットの飼育を認めている物件のことです。しかし、もちろんペットを飼育していない世帯がメインなので、間取りや設備にはペットと暮らすための特別な工夫がなされていない物件がほとんどです。そのため、ペットの安全を確保するためには、飼い主が様々な工夫をしてあげる必要があります。

一方「ペット共生型」の物件は、物件そのものがペットと暮らすということを前提にしているので、施設や設備が最初から備わっていて、飼い主もペットも、さらに同じ物件の住人までみんながストレスなく生活することができます。さらに、ペット共生型マンションの敷地内に動物病院やペットショップなどを併設しているという夢のような物件もあります。

共有部分に多い主な設備

共有部分に多い主な設備

ペット共生型マンション敷地内において、ペットを飼う住人たちが共同で使用する設備の例について紹介します。

ペット用の足洗い場
犬を散歩したあと、建物の外で足を洗える設備です。建物の入口付近に設置してあることが多く、汚れた足で建物内に入らずに済みます。
グルーミングルーム
犬や猫のシャンプーやブラッシングなど被毛のケアができる設備です。自分の部屋でするよりも設備が整っているため、スムーズにケアすることができます。
汚物ダスト、シューター
犬の排泄物を捨てるための専用のゴミ箱です。部屋に排泄物を持ち帰らなくて済みます。
ペット乗車サイン付エレベーター
ペットが乗車していることを知らせるためのボタンが付いたエレベーターです。ペット共生型マンションとは言え、動物が苦手な人や動物の種類によってはアレルギーのある人も住んでいる可能性があります。このボタンで、そういった人に配慮することができます。
ドッグラン、庭
ペット共生型マンションの敷地内や屋上にドッグランやノーリードで遊ばせることができる庭を設置する物件が増加しています。飼い主の交流の場としても重宝される設備です。

各部屋の設備

各部屋の設備

共有部分だけでなく、お部屋の中にもペットと暮らす上で便利な設備が整っています。その設備例を紹介します。

ドッグフェンス、ゲート
玄関を開けたときの飛び出しを防ぐための設備です。来客時にも安心です。
リードフック
玄関に設置されています。散歩に出かける際、飼い主が靴を履いたりしている間、一時的にリードを引っ掛けて犬をつないでおけます。
滑らず傷付かない床
フローリングなどは滑りやすくペットの股関節を傷める可能性が高いため、滑りにくく、さらに爪などでも傷が付きにくい素材の床を使用しています。
張り替えしやすいクロス
壁の下部分、ペットの体高にあたる部分は汚れやすくなります。そこで、その部分だけを張替えれば済むよう工夫されたクロスが張ってある場合が多いです。汚れにくく防臭効果のあるクロスを使用している場合もあります。
ペット用のくぐり戸
主に猫用ですが、ドアを開けっぱなしにしなくても、猫が自分でトイレに行ったり、各部屋を行き来できるよう設置されています。
空気清浄機能のある設備
臭いを防ぐため、空気清浄機などを最初から各部屋に設置している物件もあります。清浄機の近くにペットのトイレを置くスペースを設けている場合もあります。
猫が上り下りできるステップ
高いところに上る猫のための設備です。猫が上り下りする小さな階段のようなステップが壁に付いていたり、高い部分を歩けるよう渡されたキャットウォークなどがあります。
ページトップへ