賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

トラブル回避のために
ペット可賃貸物件の条件をチェック



大好きなペットと一緒に安心して安全に暮らせる住まい探しの第一歩は「ペット相談可」賃貸物件を見付けることです。細かく条件を確認して、ステキな生活を始めましょう。

事前に条件を細かく確認してトラブル回避

事前に条件を細かく確認してトラブル回避

「ペット可」の賃貸物件であっても、「犬○匹まで、ただし大型犬は除く」「猫は不可」「室内犬に限る」など、条件が設けられている場合がありますので、現在ペットを飼っている人や、これから飼おうと思っている人は、あらかじめ細かく確認する必要があります。ペットの主流である犬や猫ではなく、鳥・爬虫類・その他の小動物を飼育している場合は、なおさら最初に条件をきちんと確認しておくことが重要です。

例えば、「犬と猫はダメだったけど、ウサギがダメとは言ってなかったから飼おう」など、あやふやな記憶や、強引な解釈をせず、契約内容をきちんと確認しましょう。

マンションを借りる際、契約前には、宅地建物取引主任者から禁止事項等の説明が行なわれます。ペット禁止の場合は、口頭での説明を受け、契約書の文面でも確認・署名・捺印を行なうので、「知らなかった」は言い訳になりません。万が一、「小動物の飼育を禁じる」など、動物が特定されていない場合は「ウサギはどうですか?」「小鳥なら大丈夫ですか?」と事前に確認しましょう。また、ペットを飼育する場合、「契約時に家賃1ヵ月分支払う」「飼育しない世帯より敷金が高い」など、金銭面での条件が設けられていることもあるので、注意が必要です。契約時に飼っていたペット以外は禁止という場合もありますので、いずれ多頭飼育をしようと考えている場合には、最初に確認しておきましょう。

さらに、ペットを飼育することで生じる住居の破損や汚れなどが、退去時に問題となることがあり得るので注意が必要です。一般的に犬よりも猫の方が問題になることが多いと言われています。なぜなら、猫は高いところに上がったり、爪で壁や床が傷つくなど、部屋が傷む可能性が高いからです。

「ペット相談可」の物件とは?

「ペット相談可」の物件とは?

「ペット可」とはっきり明記されているところもあれば、「ペット相談可」という賃貸物件もあります。これは、オーナーに現在飼っているペットの種類等を伝えて可否を決定してもらったり、これから飼いたいペットの種類を伝えて可否を決めてもらうというものです。

「相談」なので、当然「可」もあれば「不可」の場合もあります。より一層事前に細かい確認が必要になると考えましょう。

「ペット可」でも最低限の責任感を持ちましょう

「ペット可」でも最低限の責任感を持ちましょう

ペット可の賃貸物件であれば、飼育することに問題はありません。ただし、飼い主として近隣住人に迷惑をかけないための心遣いは必須です。ペットの問題として挙げられる主な原因は「騒音」「臭い」「衛生面」の3つです。自分にとってはかわいい家族の一員であるペットも、他人にしてみればそうとは限りません。ペット可の賃貸マンションであっても、動物の苦手な人が住んでいる可能性もあります。排泄物を放置する、大きな鳴き声を放置するなど、近隣の迷惑になる行動は避けましょう。契約条件を満たしているからと言って、身勝手な行動を取るとトラブルのもとになります。生き物に対する責任を持つのと同様に、社会生活を営む大人としての責任も持ちましょう。

ページトップへ