賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

隣のペットを傷付けたら?ペットが逃げたら?



ペットと暮らしていれば、想定外のできごとも発生します。飼っているペットが他のペットを傷付けてしまったり、突然逃げてしまったりすることもあります。そんなときの対処法と心得を紹介します。

飼っているペットが隣のペットを傷付けたら?

飼っているペットが隣のペットを傷付けたら?

犬同士のケンカでも、どちらかがケガをした場合には損害賠償を請求されてしまうことがあります。特に散歩などで外出することの多い犬を飼う場合は、トラブルに巻き込まれないためにも細心の注意を払う必要があります。

損害賠償を受ける場合も

散歩中などに犬同士がケンカをして相手の犬がケガをした場合、ケガをさせた犬の飼い主は相手の損害を賠償しなければなりません。ケガをした犬の飼い主に治療費や慰謝料を請求される場合がありますので、そのときは支払いの義務が生じます。ただし、相手の飼い主にも何かしらの落ち度があれば、賠償金が減額されます。民法718条によると、ペットが他人に損害を与えた場合にも賠償責任が生じます。ただし、飼い主がきちんと注意していた場合、相手にも落ち度がある場合は、責任は免れないものの賠償金額は減額されます。

飼い主が注意を払っているにもかかわらず、激しく挑発したり、わざとペットを怒らせた場合など全面的に相手に非があれば、飼い主には賠償責任は生じません。

損害賠償に含まれるもの
相手の人や犬にケガをさせた場合はその「治療費」、ケガをした人がその治療のために仕事を休まなければならなくなった場合は「休業損害」、精神的・肉体的な苦痛を与えた場合は「慰謝料」を請求されることもあります。また、ペットが飛びかかって相手の服を汚したなどの場合は、その「クリーニング代」などを支払う必要があります。

ペットが逃げてしまったら?

ペットが逃げてしまったら?

散歩中に首輪が外れて犬が逃げた、玄関のドアを開けた瞬間に猫が飛び出してしまったなど、ペットが脱走してしまった場合にもまずは落ち着いて次の行動を起こしましょう。

まずは公的機関に連絡を!
飼い猫、飼い犬の場合、帰巣本能は、ほぼアテになりません。犬種やサイズによってかなり違いはありますが、一日の移動距離は小型犬で~1km、中型犬・大型犬になると~5kmになります。自分で探すのも大事ですが、届出があって見付かることもありますので、早急に保健所・動物管理センター・交番などに連絡しましょう。どんどん移動していってしまうこともありますので、隣接した地域の機関にも連絡したり、最初に連絡するだけでなく、見付かるまでこまめに連絡を入れて状況を確認しましょう。万が一、交通事故で亡くなってしまっていた場合は清掃局に引き取られますので、念のため清掃局にも連絡を入れておきましょう。
チラシを作りましょう
ペットの写真(特徴が分かるもの)、特徴、連絡先を分かりやすく明記したチラシを作りましょう。コンビニや動物病院など人目に付きやすい場所に貼ってもらったり、近所の家にもポスティングすると良いでしょう。SNSや、インターネットの掲示板などで情報提供を呼びかけるのもオススメです。
名前を呼びながら捜索しましょう
公的機関に連絡したら、ペットの名前を呼びながらとにかく歩いて探しましょう。ペットの好きなおやつを持って探すのがオススメです。また、猫の場合は、動きが俊敏な上に、興奮していることもあるので、アニマルキャッチャー(捕獲器)があると理想的です。
ページトップへ