賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

犬や猫以外で、ペットとして飼育できる
動物とは?



一般的にペットとして飼育されている動物としては犬や猫が挙げられますが、それ以外の動物と一緒に暮らしたいと考えている方も多いでしょう。

ウサギやハムスターなどの小動物、インコや文鳥などの鳥、金魚や熱帯魚などの魚、そしてカメやヘビなどの爬虫類と、その好みは人それぞれです。

さらに、犬や猫より簡単に飼えるものもあれば、届出・許可が必要なものまで多様です。住環境、世話にかかる手間などを考慮して、選ぶ必要があります。まずは、ペットとして飼育できる様々な動物を挙げてみましょう。

カメやヘビ、イグアナなどの爬虫類

カメやヘビ、イグアナなどの爬虫類

鳴かない、あまり臭いがしない、散歩しなくても良いということで人気なのが爬虫類です。しかし、スキンシップは期待できず、人になつかないことが多く、飼育設備にお金がかかる、野生と同じ環境を作る必要がある、爬虫類を診療できる動物病院の有無など、飼育は非常に困難です。まず、都道府県知事または政令市の長など、自治体に「特定動物飼養・保管許可」を取ってからでなければ、動物を購入してはいけません。生半可な気持ちで手を出すことができないのが爬虫類なのです。

おもな爬虫類
カメ、トカゲ、イグアナ、カメレオン、トカゲ、ヤモリ、ヘビなど

ハムスター、ウサギなどの小動物

ハムスター、ウサギなどの小動物

犬や猫に次ぐ人気を誇るハムスターやウサギなどの小動物は、ペットショップで売られています。飼育するためのスペースも比較的に小さくて済むので人気も高いです。ただし、犬や猫に比べて繊細で手のかかる動物もいるので、よく調べてから飼育しましょう。

おもな小動物
ウサギ、モルモット、ハムスター、リス、フェレットなど

金魚、熱帯魚などのアクアリウム

金魚、熱帯魚などのアクアリウム

お祭りで手に入れた金魚や熱帯魚なども人気の高いペットです。熱帯魚は水槽やヒーターなどの設備を整えてから迎え入れましょう。海水魚・淡水魚など種類も豊富ですが、飼育には設備投資や清掃など大変な作業があることを十分理解しておきましょう。

おもなアクアリウム
金魚、コイ、メダカ、グッピー、クマノミなど

インコや文鳥などの鳥

インコや文鳥などの鳥

ヨチヨチと人間に近寄ってくる手乗りインコや、教えた言葉を繰り返し話すオウムなど、鳥も人気。鳥かごなどを設置すれば飼育できるので、比較的スペースを取りません。飼育環境に合わせた種類を選びましょう。

おもな鳥
インコ、オウム、文鳥、十姉妹、ベニスズメなど
ページトップへ