賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ペットにかかるお金と手間って?



ペットを飼育するには何かとお金がかかります。気に入った動物を購入する、ケージや餌、トイレなどそのペットを飼育するために必要なものの購入、ワクチン・治療などにかかるお金など多岐にわたります。しかも病院でかかる費用は全額自己負担になります。また、散歩やしつけなど世話をするために費やす時間も相当なものです。楽しいことはたくさんありますが、そのために必要なお金と時間のことも考慮してペットの飼育をしなければなりません。中途半端な考えで安易に飼育するのではなく、最後まで責任をもって面倒を見る覚悟が必要です。

犬を飼う場合のお金と手間

犬を飼う場合のお金と手間

犬を飼う場合は、子犬のときからがほとんどです。子犬の販売価格や、世話をする上で必要なお金と手間を紹介します。

子犬の販売価格の目安は12~30万円

ペットショップ、ブリーダー、ネットショップなど購入の仕方や値段は様々ですが、一般的な相場を紹介します。

柴犬 12万円~、ゴールデンレトリーバー 14万円~、チワワ(スムースコート)20万円~、トイプードル 24万円~、フレンチブルドッグ 30万円~、マルチーズ 16万円~、ヨークシャーテリア 18万円~、ラブラドールレトリーバー 14万円~、ミニチュアダックスフント(ロング、スムース)12万円~。

去勢・避妊手術、ワクチン、投薬にかかる費用
オスとメスや犬のサイズ、病院によっても変わってきますが、去勢・避妊手術にかかる費用は2~6万円程です。混合ワクチンは8,000円~で、さらにフィラリア予防薬は6ヵ月で5,000~18,000円程になります。
散歩、しつけなどにかかる手間
大型犬は一日2回の散歩、トイレなどのしつけ、年齢などによっては数回に分けてフードを与えるなどの手間がかかります。群れる習性があるため一緒に過ごす時間も大事です。

猫を飼う場合のお金と手間

猫を飼う場合のお金と手間

子猫の販売価格は、子犬とさほど大差がありません。しかし、しつけの面では犬よりも手間がかからないと言えるでしょう。

子猫の販売価格の目安は10~40万円

子猫の販売価格の一般的な相場は以下の通りです。

アメリカンショートヘアー 17万円~、スコティッシュオールド 24万円~、ペルシャ 23万円~、マンチカン 28万円~、メインクーン 26万円~、ロシアンブルー 15万円~。

去勢・避妊手術、ワクチン、投薬の目安
去勢・避妊手術にかかる費用は15,000~3万円程で、ワクチンは5,000円前後です。
しつけなどにかかる手間
猫は単独行動をするので、手間はほとんどかかりません。トイレのしつけも必要ないことがほとんどです。フードも自分のペースで食べるため、数回に分けて与える必要はありません。

小動物を飼う場合のお金と手間

小動物を飼う場合のお金と手間

販売価格は、犬や猫と比べるとローコストと言えるでしょう。また、手間がかからない動物だと思われがちですが、実際はそうではありません。

販売価格の目安は 1,000円~8万円
ウサギは2~8万円、ハムスターは1,000~5,000円、フェレットは2~3万円です。
意外と手間がかかる!
小動物は販売価格が犬や猫に比べると安めなので購入しやすいのですが、ケージなどの飼育環境作り、さらにはワクチン(フェレットで8,000円程)などの設備やお金は必要です。また、室温を適正にするためにもエアコンは必須です。一日に一度は走り回らせて運動をさせなければなりません。

その他の動物の場合

その他の動物の場合

生体の販売価格は、文鳥が約2,000~5,000円、インコが5~40万円、ヘビは1~60万円、熱帯魚は1,000~15,000円と差があります。ただし、水槽、ケージなど飼育設備には費用がかかってきます。また、ヘビなどの爬虫類は特に、万が一病気になったときに診察できる病院が少ないなどの問題もあるため、手間はより一層かかると言えるでしょう。

ページトップへ