賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸マンションとアパートの違いって?



賃貸物件のチラシなどを見ているとマンションと表記されているものや、アパートと記されているものが混在しています。これら両者はどのような違いがあるのでしょうか。また、それぞれのメリット、デメリットとしてどのような点が挙げられるのでしょうか。ここでは賃貸マンションとアパートの違いについて見ていきます。

賃貸マンションとアパートに明確な規定はない

賃貸マンションとアパートに明確な規定はない

実はどのような建物を賃貸マンション、アパートと呼ぶかについて法的な規定はありません。貸主や不動産会社が判断して"~マンション"や"~アパート"と命名しているにすぎません。コーポやハイツという名称も見受けられますが、これらはアパートとは違った表記にしたい、といった程度のもので、基本的にアパートと同じと考えて良いでしょう。では、賃貸マンションかアパートかの判断のポイントとは何でしょうか。それはズバリ「構造」です。一般的に、賃貸マンションは階数に制限がなく、鉄骨造(S)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)で建てられているのに対して、アパートは階数が2階から3階程度で、木造もしくは軽量鉄骨造であるものを指すと考えられます。

賃貸マンションのメリットとデメリット

賃貸マンションのメリットとデメリット

おおむね、賃貸マンションのメリットとして以下のものが挙げられます。

  • 鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造のため、耐震性、耐火性に優れている。
  • 遮音性が高く、隣や上下階の部屋同士での音漏れがしにくい。
  • 防犯カメラやオートロックにより、セキュリティがしっかりしている。

一方、デメリットとしては下記の要素が挙げられます。

  • 建築コストが高いため、賃料や駐車場料金がアパートより高い場合が多い。
  • 気密性が高いため、結露しやすい(現在は24時間換気が義務付けられています)。
  • エレベーターが付いていたり、管理人がいる場合が多いため、管理費が高くなる。

アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットとデメリット

アパートのメリットには下記のようなことが挙げられます。

  • 建築費が安いため、賃貸マンションより家賃、駐車場料金が安価なものが多い。
  • 特に木造建築の場合、通気性がよく湿気を呼びにくい。

デメリットとしては次のような要素があります。

  • 遮音性が低いため隣や上下階の部屋の音を完全には防げない。
  • 通常は防犯カメラやオートロックがないためセキュリティ面で不安が残る。
ページトップへ