賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

浴室乾燥機、温水洗浄便座の基礎知識



新築の賃貸物件などの場合は、浴室乾燥機や温水洗浄便座が完備されている場合も多くなりました。ここでは、浴室乾燥機や温水洗浄便座の基礎知識について紹介します。

浴室乾燥機の機能

浴室乾燥機の機能

アパート・賃貸マンションで多いのが、窓のない浴室です。換気扇が付いている場合がほとんどですが、浴室乾燥機が付いていればさらにベターです。浴室乾燥機には電気式とガス式のものがありますが、それぞれ主な機能は4つです。

浴室の換気をする
窓のない浴室には使用後の湿気や水滴、カビの発生などのトラブルは付きものです。入浴後にスイッチを入れておけば、湿気や水滴を減らし、カビの発生を抑えてくれます。
衣類を乾燥させる
雨天や梅雨の季節に活躍してくれるのが、衣類を乾燥させる機能です。最近でこそ、部屋干し専用の洗濯洗剤が販売されていたりしますが、部屋干し特有のニオイが気になったり、部屋に干した洗濯物は見た目にも良くなかったりと、マイナス面が多いです。浴室乾燥機があれば、天気にかかわらず洗濯物を浴室に吊るして干せるので、部屋干し特有のニオイやカビ・ダニの繁殖といった心配も少なくなります。旅行や長期外出の前でも、浴室なら洗濯物を干したまま出かけても気になりません。
浴室を暖める
真冬の誰も使っていない浴室は、寒くて苦手という人も多いでしょう。ヒートショック(急な温度変化により心臓マヒを起こす)の可能性も否定はできません。入浴前にスイッチを入れておけば、ひんやりした浴室を暖めて、快適に入浴することができます。なお、入浴中は風が当たると寒く感じるので、スイッチを切っておきましょう。
涼風を送る
真冬が寒いなら、真夏は暑くなっている場合があります。浴室乾燥機の涼風機能を使えば、扇風機のような心地良い涼風が浴室内を素早く換気してくれ、暑さ対策になります。

気になる光熱費

気になる光熱費

浴室乾燥機を利用するにあたり、気になるのはやはり光熱費の問題です。省エネが叫ばれる昨今、従来のヒートポンプ式に比べて1回あたり約60%の省エネ(予備暖房時)を実現したヒートポンプ式の機種も人気を集めています。また、より早く浴室全体がムラなく温まるという理由で、ガス式の浴室乾燥機を選ぶ人も増えています。

温水洗浄便座の基礎知識

温水洗浄便座の基礎知識

よく「水まわりを新しくするにはお金がかかる」と言われるように、築年数の古いマンションなどは、室内のリフォームはキレイでも意外とトイレは旧式タイプのままというところも多いものです。そこで、手軽にリフォーム気分を味わえるのが温水洗浄便座です。温水洗浄便座にも便器一体型のものとシートタイプのものがありますが、シートタイプのものは勝手にリフォームできない賃貸住宅でも使用可能ですし、比較的手頃な価格で購入できます。温水洗浄便座の機能は、主に3つです。

洗浄
おしりの洗浄と女性用のビデ洗浄がメインです。機種によっては、温水の勢いや位置を調節できたり、ノズルが動くムーブ洗浄機能を備えたものもあります。
温かい便座
ひんやりと冷たい真冬の便座は困りものです。常に便座を温めるタイプのものは光熱費が気になりますが、使用する際に瞬間的に便座を温める機能を備えた機種も登場しています。
脱臭
性別や年齢にかかわらず、トイレ後のニオイはやはり気になるものです。手動タイプやオートパワーのものなど、温水洗浄便座には、脱臭機能を備えたものがほとんどです。

温水洗浄便座を付けるときの注意点

温水洗浄便座を付けるときの注意点

温水洗浄便座を取り付ける際は、下記の点に注意しておきましょう。

  • トイレ内、便器の近くに電源コンセントがあるかどうか
  • 消費電力が適切かどうか
  • サイズは合っているか
  • 障害物はないか、ドアはスムーズに開閉できるかどうか

もちろん、賃貸住宅の場合は壁掛けリモコンを取り付けるなどの工事を勝手にすることはトラブルの原因となりますので、あらかじめ貸主や不動産管理会社に確認しておきましょう。

ページトップへ