賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ガスコンロ、IHクッキングヒーターの基礎知識



アパート・賃貸マンションへ引越しする際に、キッチン周りで特に気になるのがコンロの種類です。昔からなじみ深いガスコンロと、ここ数年で利用者が増え続けているIHクッキングヒーター、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

ガスコンロの基礎知識

ガスコンロの基礎知識

まず、知っておきたいのはガスの種類です。都市ガスとプロパンガスでは、使えるガスコンロの機種も異なるので、事前に確かめておきましょう。また、ガスコンロには「据え置きタイプ」と、システムキッチンなどに組み込まれている「ビルトインタイプ」があります。据え置きタイプのコンロはガステーブルと呼ばれることも多く、一般的には自分で購入する場合がほとんどです。あらかじめ賃貸物件に備え付けてあるケースは珍しいと言えるでしょう。IHクッキングヒーターの普及にともない、ガスコンロでもトッププレート(天板)がガラスタイプのものが話題となっています。その他に、光沢のあるホーロータイプや、油汚れや拭きこぼれを弾きやすいフッ素コートタイプなどがあります。

ガスコンロのメリットとデメリット

ガスコンロのメリットとデメリット

ガスコンロのメリットは、何と言っても火力の強さです。ガスコンロのグリル機能を使えば、焼き魚もふっくらジューシーに焼き上がる他、火力が強い分、短時間で調理できるので光熱費の面で、コストダウンが期待できます。

さらに、ガスコンロは本体価格自体が安いというのが魅力です。もちろん、様々なグレードがラインナップされているので、高額の商品もありますが、同価格帯で選んだときに、IHクッキングヒーターよりもガスコンロのほうが、より性能が良くグレードの高いものを購入することができます。デメリットは、やはりお手入れの面です。ガラストップやフッ素コートトップなどのおかげで、掃除は格段にしやすくなったものの、やはり五徳(ごとく)などの突起があるので、きちんと掃除するには時間と手間がかかります。

IHクッキングヒーターの基礎知識

IHクッキングヒーターの基礎知識

IHクッキングヒーターは、火を使用せず電力のみで利用できます。IHとはInduction Heating(誘導加熱)の略で、コイルに流れる電流を利用して自己発熱する仕組みです。IHクッキングヒーターを利用する場合は、200Vの電気容量が必要ですので、事前に管理会社などへの確認が必要です。

IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

IHクッキングヒーターのメリットとデメリット

IHクッキングヒーターのメリットと言えば、何と言っても掃除が簡単なことです。トッププレートがフラットなので、ガスコンロのように五徳や汁受けを外すという手間もなく、サッと拭くだけで掃除が完了します。鍋の接地面のみが発熱するので、火傷の心配も少なく安全と言えます。調理中、室温にはほとんど影響しないので、夏のクッキングも快適です。さらに、温度管理機能が付いていれば、細かな温度設定ができるのも嬉しいポイントです。天ぷらやフライなどを揚げる際は、温度を計る必要もなく、油が飛び散って汚れないようにボール紙などを敷いて汚れを防止することもできます。逆にデメリットと言えば、鍋の素材によって調理時間にバラつきがあることと、特にオールメタル対応のIHクッキングヒーターに言えることですが、ランニングコストが少し余分にかかってしまう点です。

ページトップへ