賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸マンション内の設備が
故障したらどうする?



賃貸マンションで生活していくためには、エアコンや給湯器、コンロなど様々な設備を使いますが、これらが故障した場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。またその修理費用は借主、貸主どちらの負担になるのでしょうか。ここでは、賃貸住宅設備の故障について、その基本を紹介していきます。

基本は貸主の負担になる

基本は貸主の負担になる

エアコンや給湯器、水まわりなど"生活上必要な設備"は、それがあることを前提に家賃が発生しています。ですから、その設備が故障した場合は貸主の責任となり、当然、修理費用も貸主側が負担することになります。ただし、これはあくまで原則であり、借主が故障を放置して悪化させた場合や、勝手に修理した場合などは借主負担になる場合もあり、その詳細は契約書に記されているはずです。まず契約時の重要事項説明の際に必ず確認しておく必要があります。また、入居後に自分で設置した設備の故障は、もちろん借主の負担になります。故障が発生した場合は、契約書に記されているところ(貸主や不動産管理会社など)に連絡を取り、すみやかに修繕してもらいましょう。

雨漏りやカビについては、とにかく見付けたらすぐに貸主もしくは不動産(管理)会社に連絡しましょう。これも基本的には貸主負担になりますが、上記同様、放置して悪化させた場合には借主負担とされるケースがあるからです。

注意が必要なのはガス関係です。単にお湯が出ないといった症状でも、場合によってはガス管そのものが損傷していることがあり、最悪の場合には一酸化中毒の危険性があります。この場合は先にガス会社に連絡して、点検してもらう方が安全です。その上で修理の必要があれば貸主側に連絡して費用を負担してもらうことになります。

入居時にチェックしておこう

入居時にチェックしておこう

部屋の設備に問題がないかについては入居時に必ずチェックしておきましょう。できれば入居前、遅くとも入居後1週間以内に行なうのが理想です。チェック項目はおおむね下記の通りです。

  • エアコン、給湯設備、水まわり、換気扇などの基本設備が正常に作動するか
  • 扉や窓が開きにくかったり重かったりしないか、網戸に破れや歪みがないか
  • 床、天上、壁、シンク周り、洗面台などに汚れや傷、カビの発生がないか
  • 部屋の隅や収納スペースに汚れや傷がないか

問題があれば、すぐに連絡して修理してもらいましょう。

ページトップへ