賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

西向きの部屋はだめ?
方角のメリットデメリット



部屋を決める際に重要な要素となるのがバルコニー、ベランダ(窓)の方角です。賃貸物件によって方角は様々で、一般的に南向きの部屋の人気が高いようですが、はたして東西南北それぞれでどのように違うのでしょうか。向きを決めるポイントとそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

東西南北の人気度

東西南北の人気度

一般的に、バルコニー(窓)のある方角に応じて人気に差があります。まず一番人気なのが「南東」で、続いて「南」「南西」「東」「西」「北東」「北西」「北」の順に人気があり、この順番で家賃も変動します。つまり「南東」が最も高く、「北」が一番安いということになります。ごく大雑把に「南」「東」「西」「北」の順番と言えるでしょう。これは日本人が部屋の日照時間について気にすることの現れだと言われています。

では本当に「南」や「東」が快適なのか、というと必ずしもそうとは言い切れません。例えば日照について考えてみても、例え南向きや東向きの部屋でも、高層建築が隣り合わせであれば採光は望めません。逆に陽が入らない北側の部屋の場合、冬場は寒いため、それを補う床暖房や二重サッシが備えられている賃貸物件もあります。したがって、図面上の間取りだけではなく、実際の周囲の環境や設備面も考慮して判断しましょう。

南向きのメリット、デメリット
メリットとして挙げられるのは"一日中陽が当たり、暖かい""洗濯物がよく乾く"といった点です。デメリットは"陽が当たりすぎて夏場は暑い""家賃が高い"などです。
東向きのメリット、デメリット
メリットとしては"午前中に陽が当たり、爽やかに目覚められる"といった点が挙げられます。デメリットとしては"午後になると陽が入らず部屋全体が暗い""特に冬場の午後はまったく陽が入らず寒い"などとなります。
西向きのメリット、デメリット
メリットは"午後に陽が当たり、冬場暖かい""夕焼けが楽しめる"という点です。デメリットは"夏場は西日が差し込むため暑い""夕方は西日がまぶしい"などです。
北向きのメリット、デメリット

メリットとしては、何と言っても"家賃が安い"ところです。デメリットは"陽が全く当たらないため冬場は寒い""冬場の北風が吹きつけるため、結露・湿気が多い"などです。

ライフスタイル的には、朝型の人は「東」、昼型が「南」、夜型が「西」「北」とも言えます。

ページトップへ