賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

リノベーション賃貸物件のメリット



中古の賃貸物件を改造して新たな機能を持たせたり、価値を高めているリノベーション賃貸物件が注目を集めています。築年数の長いアパートや賃貸マンションなどが大きく生まれ変わるリノベーション賃貸物件ですが、そのメリットとはいったいどのようなものがあるのでしょう。ここではリノベーションや、リノベーション物件について説明します。

リノベーション、リフォーム、コンバージョンの違い

リノベーション、リフォーム、コンバージョンの違い

リノベーション、リフォーム、コンバージョンはいずれも既存の建物に改造を加えて価値を高めることを言います。まずリノベーションですが、これは中古物件などを対象に、その建物が持っていた機能・性能以上の状態に改造して付加価値を高める工事を指します。かなり大規模なケースもあり、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして耐震・耐火建築にするようなものも含まれます。リフォームはリノベーションより規模が小さく、老朽化した建物や、劣化した建物の各箇所を補修して建築当初の性能に戻す意味となります。コンバージョンはリノベーションの一種ですが、こちらは住宅用物件の一部を改修してオフィス機能を持たせたりするなどといった建物の用途そのものの変更を伴うものを指します。

リノベーションが注目される理由とは
これまで長く日本では賃貸・分譲問わず新築物件に高い人気がありました。そのため建築・住宅業界全体で見ると約30年周期で建物を壊して新しく建替えるということが繰り返されてきました。ところが土地や建築資材の高騰などから新築物件の価格が上昇したため中古物件を再利用することに目が注がれるようになったのです。また建物を壊して新築すると大量の廃材や建材が必要となります。環境保護の観点からも新築偏重に疑問の声が挙がってきたことも背景にあるようです。したがってリノベーション物件は、低コストで環境に優しい手法と言うことができるでしょう。
リノベーション物件の隆盛
リノベーションは築年数の経ったアパートや賃貸マンションにどんどん応用されており、近年では団地まるごとをリノベーションする事例も増えてきています。借主側から見れば賃貸物件の選択肢の幅が広がったとも言えます。中古物件が持っていた機能・性能以上の状態に改造して価値を高める訳ですから、間取り、水まわり、照明などを最新型の設備にしてあるものが多く、建物が古くても極めて快適な暮らしができます。賃貸物件を探す際、築年数だけでなくリノベーションされているかどうかを検討するのも重要と言えるでしょう。
ページトップへ