賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

電気代を押さえるなら
やっぱりLED照明にすべき



省エネの照明器具として注目を集めているLED電球ですが、本当にお得なのでしょうか。電球は価格、消費電力、寿命の各面から評価する必要があります。ここではLED電球で電気代を、どの程度節約できるのかについて見ていきます。

消費電力から考える

消費電力から考える

最初に価格について見てみましょう。60ワット相当の白熱電球は市販価格で100~200円くらいです。一方、LED電球は2,000~3,000円が相場となっています。価格だけで見る限りLED電球は白熱電球の10~20倍するということになります。購入価格だけで見ればLED電球はかなり高価に見えますが、それを上回る消費電力や耐久性があれば、充分にもとがとれる点に注目すべきでしょう。

そこでまず消費電力を比較してみましょう。パナソニックの公式発表によれば、60ワット相当の白熱電球の1年間の電気代は約2,376円に対し、LED電球が約405円となっています〈LED電球9.2ワットタイプ(昼光色相当)とシリカ電球60ワット形(54ワット)との比較。1日5.5時間、年間2,000時間使用時。電力料金目安単価22円/kwh(税込)で計算〉。つまり仮にLED電球を2,000円で購入すれば1年間強でもとが取れる計算になります。

寿命から考える

寿命から考える

白熱電球の寿命は1,000~3,000時間、LED電球が20,000~60,000時間です。寿命から見ると、購入価格とは逆にLED電球が白熱電球の20倍以上の耐久性を持っていることになります。仮に1日10時間使用した場合、白熱電球は半年から1年で交換しなければならないのに対して、LED電球は最短でも約7年弱交換する必要がありません。

以上は白熱電球とLED電球との比較です。1,000円以下で買える電球型蛍光灯の場合、LED電球との消費電力の差はわずかで4ワット程度しかありません。寿命はLED電球が3倍程度です。したがって、現在、電球型蛍光灯を使用されている方は、今すぐLED電球に変える必要性は高くないと考えられます。

故障の問題

故障の問題

このように白熱電球を使用されている場合、LED電球への変更は非常に費用対効果が高いと言えます。ただしLED電球は精密機械なので、異常発熱、振動、衝撃などで故障する場合がある点に注意が必要です。確かに寿命は長いのですが、地震や引越しなどでの振動で故障するリスクがあることは知っておいた方が良いでしょう。

ページトップへ