賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

退去や引越しの日程を決める



引越作業の第一歩となるのが、アパート・賃貸マンションからの退去、新居への入居、引越しの日程を決めることです。引越しにかかわる予定の他、仕事や学校の都合など様々な予定を考慮してスケジュールを立てることが重要です。

退去や引越しの日程を決める流れ

退去や引越しの日程を決める流れ

新居が決定したら入居日と、現在の住居の退去日を決めましょう。まずは、決定した新居に入居できる日を確認します。即日入居が可能であったり、リフォーム後にしか入居ができなかったりと、賃貸物件によって異なるので注意が必要です。次に、現在の住居の退去日を決め、貸主に賃貸借契約の解約を告知します。この告知には期限があるので、余裕を持って連絡をしましょう。その後、引越日を決めて引越業者を手配、新居の入居日が決まったら貸主に連絡をします。

基本的な流れは上記の通りですが、住環境や契約状況によって異なる場合がありますので、事前に貸主などに確認しておくと安心です。

引越しの日程は余裕を持ったスケジュールに

引越しの日程は余裕を持ったスケジュールに

引越日=入居可能日に設定しがちですが、入居が可能になる日から数日空けて引越日(入居日)を設定し余裕のあるスケジュールにすれば、様々な作業を行なうことができます。

まず、入居前の新居の状態をチェックすることができます。アパート・賃貸マンションの場合は、前に住んでいた人が付けた傷や汚れを入念にチェック、必要であれば写真などで記録しておきましょう。部屋の傷や汚れは、退去時の敷金の返還などにかかわる重要な項目です。少しの工夫で、不要な出費を防ぐことができます。また新築の賃貸マンションの場合は、工事の不備、傷などがあることもあるので、入居前に確認をし、施工会社や代理店などに問合せをすると良いでしょう。

部屋の細部を確認することができるのも利点のひとつです。部屋ごとの詳細なサイズ、コンセントの位置、窓の大きさなど、意外と見落としがちなポイントをチェックすると、家具の配置を考えるのに便利です。

引越しにぴったりのお日柄とは?

引越しにぴったりのお日柄とは?

引越しは新生活をスタートさせる大切なイベントです。やはり"大いに安し"という意味を持つ「大安」が引越しに最適であり、人気のお日柄です。しかしその一方で、引越会社の予約が取りにくい、料金が高いなど様々なマイナス面があることも事実です。

一方、"仏も滅するような大凶日"の意味を持ち、誰もが凶の日として認識している「仏滅」は、比較的リーズナブルに引越作業を依頼することができます。近年では"物が一旦滅び、新たに物事が始まる"ことから「物滅」と表現されることも多く"物事を始めるには大安よりも良い日"という、新しい解釈も見受けられます。

また、午前中が吉の「先勝」、夕方が大吉の「友引」、午後が吉の「先負」、11~13時ごろのみが吉の「赤口」など、時間に限りがあるものの吉であるお日柄もあります。引越しの作業時間によっては、これらを選択しても良いかもしれません。

スケジュールを決めるときのポイント

スケジュールを決めるときのポイント

引越しのスケジュールを決めるときに最も大切なのは、余裕を持った計画を立てることです。引越しは、専門業者に作業を依頼する荷物の搬出・搬入に注意が行きがちですが、新居・旧居それぞれの掃除や各種立会いなど、こまごまとした作業も多く発生します。そのため、入居と退去、引越作業を同日に行なってしまうと、予定に無理が生じる場合があるのです。

新居の入居日と引越日をずらして事前に掃除をしておく、引越後も旧居を借りておいて新居での作業が落ち着いてから片付けをする、など、作業に余裕を持たせる方法は様々です。無理のない計画で、快適な引越作業を行ないましょう。

ページトップへ