賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

引越料金を安くするコツ



アパート・賃貸マンションに引越しをする際、引越業者や新居の敷金・礼金、新しい家具の購入と、何かと出費がかさみます。荷物の量や業者に依頼する引越プラン、日程などを見直して、お得に引越しをしましょう。

引越しを安く済ませるポイントは予定の見直しにあり!

引越しを安く済ませるポイントは予定の見直しにあり!

様々な出費を考えると、引越業者への支払いはできるだけ安く済ませたいものです。他社と比較して値引き交渉を行なうのも大切ですが、荷物の量や日程などを見直して値段を下げていくことも可能です。ただし、無理のない計画を立てるように心がけましょう。

自分でできることは自分で作業をする
引越会社によっては、荷造りから搬出・搬入、荷解きまで、ほとんどの作業を行なってくれるプランがあります。仕事が忙しい、育児で時間が取れないなど作業時間がさけない場合は便利なプランですが、料金設定は高めです。やはり自分の手で荷造りなどをした方がお得です。毎日少しずつ進めていくなど、時間をうまく利用してみましょう。また、不用品の回収なども自分で手配した方が安くなる場合がありますので、引越会社のプランやオプションなどを確認しておきましょう。
荷物の量を見直す
引越料金は、トラックの大きさや台数などで決まります。つまり、運搬する荷物の量が少なければ少ない程トラックは小さくなり、料金が安くなる可能性があります。例えば実家から1人暮らしをする場合、日常生活に不必要なものは実家に置いておく、新しく購入するものは引越しをしてから購入する、などの工夫で荷物を減らすことができます。また、比較的移動距離が短く自家用車がある場合は、大型家具や家電だけを業者に依頼しダンボールなどの小物類は自分で運搬することで、運搬数を減らすことができます。
日程を見直す
基本的に、引越しの料金は曜日によって変動があります。もちろん、値段が高めに設定されているのは土・日曜日、比較的安く設定されているのは平日です。ただ、引越会社によって料金の変動はまちまちです。土・日曜日でも安く設定されていることがあるので、問合せてみると良いでしょう。また、公式ホームページなどに日ごとの料金設定を記載している会社もあるので、チェックしてみて下さい。
時間指定をしない
引越料金は、時間によっても料金が変わってきます。一般的に、値段が高いとされるのが、午前便、午後便、そして時間指定なしのフリー便の順です。特にフリー便は安く依頼することができますが"フリー"と言うだけあって作業が始まる時間を把握できません。また、午後便の場合は午前便の作業状況にも左右されるので、こちらも基本的には時間指定できません。もちろん、作業開始時間が遅くなればなる程終了時間も遅くなりますので、翌日に仕事や学校が控えている場合や、ファミリーの場合は向いていないと言えるでしょう。
ページトップへ