賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

貸主や周囲に連絡する



引越前の作業で重要なことのひとつが、アパート・賃貸マンションの貸主へ連絡することです。これには様々な取り決めがあり、違反すると罰金等が発生することがあります。また、友人や知人などへ転居の連絡をする場合は、早めに準備すると良いでしょう。

「解約予告の告知期限」に注意! 貸主への連絡を忘れずに

「解約予告の告知期限」に注意! 貸主への連絡を忘れずに

退去する際、現在の賃貸住宅の貸主に対して事前に報告をしますが、その報告期限があることをご存知でしょうか。これは「解約予告の告知期限」と言われるもので、賃貸住宅を借りる際に交わした賃貸借契約書に記載されています。

期限は一般的に退去日の1ヵ月前ですが、物件によっては2ヵ月前や3ヵ月前の場合もあるので事前に確認しておきましょう。また、賃貸借契約書に期日が記されていないこともあります。その場合、法律では「3ヵ月前までに申告すること」と定められていますが、貸主に確認しておくと安心です。

この期限を過ぎて連絡をした場合や連絡を怠った場合は、告知期限に足りない期間の家賃や違約金を支払わなければならない可能性もあるので注意しましょう。

なお、賃貸借契約の解約には、書面(「賃貸借契約解約届」)でのやり取りも発生します。貸主の指示にしたがって、期日を守って提出しましょう。

友人や知人に引越しの報告

友人や知人に引越しの報告

周囲の人たちへの報告も、大切な引越作業のひとつです。引越しが決まったら、学校や会社などに早めに報告をしておきましょう。

また同時に、転居はがきでの報告を行なうかどうかも検討しましょう。転居はがきの発送時期の目安とされているのは引越前から引越後2週間以内です。荷造りや荷解き、手続きなどで忙しい時期になりますので、忘れたり慌てたりしないよう、早めに準備をしておくと安心です。また、はがきの作成を業者に依頼する場合、でき上がりまでに日数がかかることもあるので、きちんとスケジュールを確認し、余裕を持って注文をしましょう。ご家庭で作成される際も早めに準備しておけば、荷造りなど、それぞれの準備に集中できます。

転居はがき作成のポイントは、スペースを空けてデザインをし、手書きで一筆書き加えること、そして読みが難しい地名やマンションに引越す場合はふりがなをふっておくことです。固定電話などの電話番号が変わる場合は、忘れずに記載をしましょう。

これらのことに気を付けながら、下記の文例を参考に転居はがきを作成してみましょう。

(文例)

引越しました

このたび、下記の住所に転居しました。

今後とも変わらぬお付き合いを頂けますよう、

よろしくお願い致します。

近隣へお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

平成○年○月○日

ページトップへ