賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

新居の間取りと下調べ



スムーズな引越しを行なうには、事前のリサーチが必要不可欠です。アパート・賃貸マンションへ引越しするときに重要となる搬入口や家具の大きさ、トラックの駐車場所など、意外と見落としがちなチェックポイントをご紹介します。

搬入口は充分な大きさですか?

搬入口は充分な大きさですか?

ソファやテーブル、家電など大きな荷物がある場合、搬入口の大きさを確認しておく必要があります。主な搬入口は玄関ですが、もし玄関から荷物が入らない場合は窓やベランダから搬入することもあるので、道路に面した窓やベランダのサイズを測っておくと便利です。

また搬入口とは別に、荷物が通る経路の幅や高さも確認しておくと安心です。賃貸マンションの場合は、エレベーターや共用の階段、通路のサイズを調べておきましょう。もし、極端に狭い場所や高さが低い場所がある場合は、事前に引越会社に報告しておくと良いかもしれません。

下調べをする際は、メジャーや筆記用具、メモ帳やデジタルカメラがあると具体的な記録ができ、より便利です。

大型家具とその配置場所のサイズ測定はマスト!

大型家具とその配置場所のサイズ測定はマスト!

搬入口のサイズを測ったら、部屋の詳しい間取りや各部屋の大きさ、そして搬入する大型家具のサイズも測っておきましょう。これを怠ってしまうと、引越しの当日に「家具が入らない!」という困った事態に陥ってしまう可能性もあります。

それぞれの家具と新居の配置場所で計っておきたいのは、縦・横・高さの3辺です。

間取図に家具の配置を書き込んで、状況を整理する

間取図に家具の配置を書き込んで、状況を整理する

家具の配置を考えるときは、配置図を作りましょう。どの部屋にどのような家具が置けるか、追加で購入する家具は何が必要か、などを整理することができます。この配置図は、引越作業当日の作業員への説明にも活用できて一石二鳥です。

配置を考える時に気を付けたいのは、扉の開く向きやコンセントの位置です。設置する位置や向きによっては、せっかくの家具やコンセントが利用しづらくなってしまうので注意しましょう。

賃貸物件周辺の道路状況は?

賃貸物件周辺の道路状況は?

引越しの作業は、部屋の中だけで済ませることはできません。意外と見落としがちですが、引越会社のトラックを停める場所が確保できるかどうかも、下調べを行なっておきたい重要なポイントです。

まず、アパート・賃貸マンションの入口付近にトラックを停めることができるかを確認します。停めることが可能な場合は、停めることはできても他の車や自転車の通行の妨げになってしまわないか、近隣住民の通行の迷惑にならないか、なども確認しておきましょう。快適な引越作業を行なうには、近隣住民の立場に立って客観的な判断をすることも大切です。

なお、アパート・賃貸マンションの玄関や入口付近にトラックの駐車場所を確保できない場合は、別の駐車スペースをリサーチ・確保しておきましょう。

ページトップへ