賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

水道・電気・ガスの引越手続き



ここでは、アパート・賃貸マンションの引越時に行なう水道、電気・ガスの手続き方法をご紹介します。なお、利用している会社や、市区町村によって手続きなどの方法が異なる場合がありますので、事前に確認しておくと安心です。

水道・電気・ガス、それぞれの手続き

水道・電気・ガス、それぞれの手続き

水道・電気・ガスの引越しに関する手続きを行なう時期の目安は、引越しの1週間前です。遅くても3日前には行なっておきましょう。申請時には、検針票や領収書に記載されているお客様番号、契約者氏名の他、現住所と新住所、電話番号、使用停止・開始希望日などが必要になりますので、準備をしておきましょう。

水道の場合

水道の使用停止の申請は、水道局もしくは市区町村役場の水道課で行なうことができます。電話やFAX、ホームページなどで問合せ下さい。また使用開始の場合は、新居に備えられた開始申込書に記入し、郵送するだけで申請することもできます。

なお、オートロックなどがあり係員だけでは水道メーターの場所まで入ることができない賃貸マンションの場合、使用停止の作業に立ち会う必要があります。事前に確認をし、無理のないスケジュールを立てるようにしましょう。

電気の場合

利用している電力会社に電話・FAXをするか、もしくはホームページから使用停止の申請を行ないます。使用開始の場合は水道と同様、新居に備えられた開始申込書を利用して申請することもできます。

注意点は、水道の使用停止時と同様、係員だけではメーターの場所まで入れない場合に立会いが必要になることです。また、電気設備の撤去が必要な場合は、ホームページで申請ができないこともあります。

退去の際には、必ずアンペアブレーカーなどのスイッチを切ってから部屋を出るようにしましょう。新居で電気を使用する際には、まずアンペアブレーカーのスイッチを入れ、漏電遮断機と配線用遮断機のつまみを「入」にして下さい。

ガスの場合

ガスの使用停止の申請は、利用しているガス会社に電話・FAXをするかホームページから行なうことができます。なお、器具の撤去や工事が伴う場合は、ホームページからの申請ができないことがあります。また、オートロックなどがある賃貸物件の場合だけでなく、ガス使用開始(開栓)のときには立会いが必要になりますので注意しましょう。

現在の住居と新居で使用するガスの種類が違う場合は、現在使用されているガスコンロなどが使用できないこともあるので、事前にガス会社に確認しておきましょう。

月の途中で使用を停止・開始した場合の支払い

月の途中で使用を停止・開始した場合の支払い

水道も電気もガスも、月の途中で使用を停止・開始した場合の料金は日割りで計算されます。支払いは、後日送付される払込書を利用してコンビニなどで振り込む方法の他、口座振替やクレジットカード払いを利用している場合は最終料金の引き落としが可能です。また、事前の予約が必要ですが、退去日に来訪した係員に直接現金払いをすることもできます。使用量の確認と料金の計算をしてもらいましょう。

なお、引越先で利用する電力会社や水道局、ガス会社が現在の住居と同じであれば、口座振替を継続して利用することもできます。

ページトップへ