賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

掃除の重点ポイントとコツ キッチン周り



アパート・賃貸マンションの引越作業で、荷造りと同じくらいに大切で手間のかかるのが掃除です。ここでは、ぬめりや油汚れなど、頑固な汚れが気になるキッチン周りの掃除のコツを伝授します。

キッチンの最大の敵は油汚れ

キッチンの最大の敵は油汚れ

キッチンで最も気になるのは、やはり油汚れです。換気扇やコンロ、壁など汚れの範囲は意外と広い上、かなり頑固にこびり付いていることが多いのではないでしょうか。まず油汚れは、冷えると固まり、温まると溶けるという性質があります。この性質を活かして掃除を行なうことができるのは、換気扇の羽やコンロの五徳(ごとく)など、本体から取り外せるものです。まず、大きなお鍋に沸騰したお湯を用意し、羽や五徳を入れて付け置きします。しばらくすると油汚れが浮いてきますので、ゴム手袋などをはめて金たわしでこすります。このとき、弱アルカリ性の洗剤を使用しても良いでしょう。ただし、アルカリ性の洗剤を使うと跡が残る場合があるので、洗剤の注意事項をよく確認して作業をするようにして下さい。

次に、壁の油汚れです。使用するのは、どのご家庭にもある小麦粉です。まずは壁の下に新聞紙やタオルを敷き、汚れが床に垂れるのを防ぎます。壁には霧吹きで水をかけ、そこに小麦粉を貼り付けます。小麦粉がだんだんと油汚れを吸い取りますので、布でふき取って下さい。また、薄めた中性洗剤も壁の油汚れに有効です。ペーパータオルに染み込ませて壁に張り付けたり、壁に吹き付けたあとラップを貼るなどして、一定時間放置します。その後は油汚れをふき取り、スポンジで水拭きをすれば終了です。

排水溝のぬめりや詰まりは重曹で撃退!

排水溝のぬめりや詰まりは重曹で撃退!

排水溝の掃除にはよく、塩素系漂白剤などの薬剤が利用されています。しかしその効果の強力性ゆえに、洋服の色落ちや肌のかぶれなど様々なトラブルを起こしてしまう場合もあります。

そこでぜひチャレンジして頂きたいのが、重曹を使った掃除方法です。排水溝に重曹を入れ、上から熱湯か温めた酢水をかけるだけの簡単作業です。酢水は除菌効果をアップさせてくれる便利アイテムなので、仕上げとして排水溝に吹きかけるのをオススメします。

冷蔵庫・冷凍庫の掃除は引越しの前日に行なう

冷蔵庫・冷凍庫の掃除は引越しの前日に行なう

冷蔵庫・冷凍庫は、部屋から搬出するまでに水抜きが必要となりますので、引越しの前日には中の物をすべて出し、コンセントを抜いておきましょう(詳しくは「【引越前日までにすること】冷蔵庫と洗濯機の水抜き」を参照)。常に物が入っている冷蔵庫は、普段なかなか掃除ができない場所です。台所用洗剤や専用の洗剤を使用して拭き掃除をするなど、引越しを機にしっかりと掃除をしましょう。匂いなどが気になる場合は、庫内やトレーを消毒用のアルコールなどで殺菌しておくのもオススメです。ただし、プラスチック類をアルコールで拭くと、変色することがありますので注意が必要です。

ページトップへ