賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

掃除の重点ポイントとコツ バス・トイレ周り



アパート・賃貸マンションから退去する際、毎日の汚れが蓄積しがちなバスやトイレもしっかりと掃除をする必要があります。ここでは手間がかかるバス・トイレ周りの掃除方法についてご紹介します。

浴室の掃除のコツ

浴室の掃除のコツ

浴室は、水垢やソープ類の残りカス、カビなど、普段からきちんと掃除をしていないと細かい汚れが付いてしまいます。基本的な掃除方法は、浴室用の洗剤を利用したこすり洗いです。壁や床のタイルなどにはブラシやたわしを使用しても大丈夫ですが、タイル以外の床や壁、浴槽は傷付きやすいのでやわらかいスポンジなどを使用するようにしましょう。使い古した歯ブラシを利用すれば、目地など細かい部分の汚れを落とすこともできます。

こすり洗いのあと、洗剤はしっかりと水で洗い流すようにしましょう。洗剤が残ってしまうと、それが固まって洗剤跡の原因になります。また、水で流したあとは渇いたタオルなどで乾拭きしておくと、水垢も残らずよりキレイになります。

タイルの目地にカビが生えてしまった場合は、カビ取り剤を利用しましょう。その際、ゴム手袋などで皮膚を守ること、そして換気を忘れないようにしましょう。商品の注意書きをよく読んでから、安全に掃除して下さい。

見えない汚れが多いトイレ

見えない汚れが多いトイレ

トイレ本体は、蓋や便座、便座のふち裏などをこすり洗いしたり、汚れを拭き取って掃除をします。また、トイレの種類によっては便座や蓋を取り外せるものもあり、便座周りをより丁寧に掃除したいというときにはオススメです。取り外し方はメーカーのホームページや説明書に記載されていますので、確認しながら行なって下さい。

さらに、タンクやタンクの上に備えられた手洗器は普段見落としがちですが、意外とほこりが溜まりがちです。ほこりを取り除いたあと、トイレ用の洗剤やトイレ掃除用のウェットシートなどを活用して掃除しましょう。

次に、壁や床です。トイレの壁や床は、特に男性がいるご家庭の場合、小便などが飛び散って見えづらい汚れが蓄積している場合があります。ペーパーモップで埃を取り除いたり、ぞうきんやウェットシートで拭き掃除をするだけでもきれいになります。拭き掃除をしても汚れが気になる場合は、住宅用の洗剤を利用すると良いでしょう。便座と床の隙間を掃除するには、割り箸に布や紙を巻き付けたものや、綿棒などを使用すると便利です。

ページトップへ