賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

引越当日に必要な物をまとめる



アパート・賃貸マンションへ引越しする当日は、引越しの見積書やトイレットペーパー、掃除用具など、引越当日に使う物は意外と多くあります。箱詰めしてしまうと取り出すのは難しいので、箱詰めしてしまわないように気を付けましょう。

掃除用品や新居の挨拶品はひとまとめにしておく

掃除用品や新居の挨拶品はひとまとめにしておく

荷造りと言っても、すべての荷物をダンボールに詰めないといけない訳ではありません。ある程度荷造りが済んだら引越当日に必要な物と必要でない物を検討し、必要でない物は荷造りをして、必要な物は荷造りせずにひとまとめにしておくと便利です。

掃除用具は旧居や新居の掃除に使用するので、荷造りはせずにひとまとめにしておきましょう。ほうきやぞうきん、掃除機などはもちろん、大きなゴミができてもまとめられるように荷造り用のヒモやゴミ袋なども一緒に置いておくと便利です。

新居での挨拶回りに使う挨拶品も、荷造りしないようにしましょう。新居に着いたらすぐに必要なので、他のダンボールと一緒に積まれてしまうと探すのに一苦労です。また包装をキレイに保つためにも、他の荷物とは一緒に荷造りせずにひとまとめにして、自分で運搬するのも良いでしょう。

意外と便利!"最後の箱"を作る

意外と便利!最後の箱を作る

ある程度の荷造りが終了したら、大きいサイズのダンボールで"最後の箱"を作りましょう。トイレットペーパーやお風呂用品、歯ブラシなどの日用品や着替えの衣類、携帯の充電器など、旧居でギリギリまで使用する物や新居ですぐに使用する物を詰めていきます。これを作っておけば、もし引越当日に荷解きができなくても一夜を過ごすことができるはずです。その他にも、荷物の搬出中に出てきた物や、筆記用具などの小物類を入れるのにも便利です。

貴重品は箱詰めしない

貴重品は箱詰めしない

貴重品(通帳、印鑑、財布など)や貴金属類は基本的に、引越業者に運んでもらうことができません。これらは基本的に引越業者の保障対象外となり、作業中に紛失や毀損があったとしても保障されない場合があるからです。ですから貴重品や貴金属はダンボールに箱詰めせずに、自分で持ち運ぶようにしましょう。

自己管理が必要になりますが、引越当日も現金はある程度持つようにしましょう。引越当日は食費や交通費、公共料金の支払いなど様々な場面で現金が必要になります。支払う場面になってお金がないことに慌てないよう、事前に準備しておきましょう。友人などに引越作業の手伝いを依頼される場合は、お礼をするためのお金も用意しておきましょう。お礼を包む袋も準備しておくと安心です。

ページトップへ