賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

冷蔵庫と洗濯機の水抜き



引越しの前日までに行なっておきたい作業に、冷蔵庫・洗濯機の水抜きと石油ストーブの灯油抜きがあります。アパート・賃貸マンションを退去する際、忘れていたことはないでしょうか。これらの作業を怠ると、引越作業に遅れが出たり荷物が汚れたりと、様々なトラブルを引き起こす原因となりますので注意しましょう。なお、ここで紹介する作業方法は一般的なものです。実際に作業を行なう際は、製品の取扱説明書やメーカーのホームページなどをよく確認して下さい。

冷蔵庫のコンセントは必ず前日に抜いておく

冷蔵庫のコンセントは必ず前日に抜いておく

冷蔵庫を搬出する場合、水抜きの作業が必須となります。

まず、引越作業を行なう前日、遅くても寝る前にはコンセントを抜いておきます。すると、その翌日には水受けトレイ(水受け用タンク)に水が溜まっていますので、その水を捨てるだけでOKです。自動製氷機が付いている場合はその水を捨て、作られた氷も捨てておくのを忘れないようにしましょう。

なお自動霜取り機能が付いていない冷蔵庫の場合は、引越しの2、3日前にコンセントを抜き、霜を溶かす必要があります。溶けた霜は丁寧にふき取っておきましょう。

冷蔵庫の水抜きの際に最も注意したいのは、冷蔵庫の中に入っている食材類です。要冷蔵・冷凍の食材は、引越しの日に合わせて購入を控えたり消費するなどきちんと計画を立てておくと、無駄にすることがありません。もしものときのために、クーラーボックスや保冷バッグ、保冷剤などを購入しておくと安心です。

洗濯機も水抜きが必要

洗濯機も水抜きが必要

水抜きをしなければならない家電は冷蔵庫だけと思われがちですが、実は洗濯機も水抜きが必要です。特に、洗濯機内部や給水・排水ホースなどに水が溜まりがちです。

まずは洗濯機用の蛇口を閉めてから1分程洗濯機を回し、給水ホースの水抜きをします。水が抜けた給水ホースを取り外したら、洗濯機の電源を入れて脱水のみを行ない、洗濯機と排水ホースの水抜きをします。最後に排水ホースを取り外して終了です。

一般的な洗濯機であれば上記のような工程で水抜きが完了しますが、ドラム式洗濯機の場合は、さらに工程が増える場合があります。取扱説明書やメーカーのホームページなどを確認しましょう。

石油ストーブの灯油は抜いておく

石油ストーブの灯油は抜いておく

石油ストーブを使用しない季節の引越しでは問題ありませんが、冬場の引越しの場合、灯油や石油ストーブの扱いには注意が必要です。危険物である灯油が入ったままのストーブやタンクは、業者に運んでもらえない可能性があるからです。また、処理が不十分だと運搬の際の汚れや匂い移りの原因にもなります。

まず、ストーブやヒーターの中に残った灯油は、抜いてしまうか使い切りましょう。このとき、空焚きをして完全に灯油を抜くのがポイントですが、危険ですので必ず取扱説明書などを確認しながら作業して下さい。さらに、灯油タンクの給油口とストーブやヒーターの給油口についた灯油も拭いておくと良いでしょう。

ポリタンクに残った灯油は使い切ってしまうのが理想的です。ただ、自宅での消費が難しい場合はガソリンスタンドに処理をお願いすることもできますので、近くの店舗が処理の受付をしているか確認して下さい。処分がもったいないという方は、ご近所の方などにポリタンクごと譲っても良いでしょう。

ページトップへ