賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

旧居にて 掃除と部屋の明け渡し



引越当日は荷物の搬出に加え人の出入りも多く、慌しくなりがちです。しかし、アパート・賃貸マンションなど部屋の明け渡しを引越当日にする場合は、部屋の中を確認できる最後の日です。忘れ物や手続きの不備などがないように、部屋の明け渡しまで落ち着いて行動するようにしましょう。

家具を置いていた場所など、隠れていたほこりや汚れも掃除しよう

家具を置いていた場所など、隠れていたほこりや汚れも掃除しよう

引越しの作業員が荷物を搬出したあとは、そこに溜まったほこりや汚れを掃除しましょう。特に大型家具の下や裏、隙間などは普段の掃除では手を付けない場所なので、掃除機がけだけでなく、拭き掃除などを行なうのもオススメです。また、荷物を運んでいるとどうしてもほこりが舞ってしまうこともあるので、すべての荷物が搬出されたあと、部屋全体に掃除機をかけておくと良いでしょう。

なお、部屋の汚れや傷みは退去審査にかかわります。日常生活で付いてしまう汚れや傷み、年月の経過による自然な劣化(経年劣化)は問題ありませんが、故意に開けた穴や経年劣化を超える汚れ、傷、破損がある場合は審査の対象となります。その結果、修繕が必要だと判断された場合は、貸主から室内のクリーニング費用や修繕費用(原状回復)を請求される可能性があります。

また、入居後にあと付した設備がある場合はきちんと撤去し、入居時と同じように原状回復しておきましょう。設備をそのままにしておくと、処分費用などを請求される場合もあります。

忘れ物はない? 収納棚や自転車置き場なども確認を

忘れ物はない? 収納棚や自転車置き場なども確認を

荷物の搬出がすべて終了したら、部屋の中に忘れ物はないか確認しておきましょう。特に、キッチン・洗面所の収納棚やシューズボックス、押入れや天袋、ベランダなどは忘れ物が多いと言われているので要注意です。

また、忘れ物が多いのは部屋の中だけではありません。ポストや自転車置き場、車庫や物置き場などにも忘れ物が多いので、荷物を積んだトラックが出発する前や旧居を出る前に必ず確認しておきましょう。玄関のネームプレートも見落としがちなので忘れずに確認しましょう。

引越料金の支払いは、荷物の積み込み後の場合も

引越料金の支払いは、荷物の積み込み後の場合も

引越料金の支払い方法やタイミングは、会社によって異なります。会社によっては、荷物をトラックへ運び込み、積み忘れがないか確認をした時点で支払う場合もあります。いつ料金を支払うか、また、どのような支払方法があるかは、見積もりの際などに必ず確認しておきましょう。

支払いが済んだら、必ず領収書を受け取るようにしましょう。後日、家具の破損などのトラブルに気が付いたときに必要になることがあるからです。最低でも、新居に運び込まれた荷物を荷解きし、何の問題もないことが分かるまでは保管しておくと安心です。

部屋のすべてを確認し、問題がなければ明け渡しする

部屋のすべてを確認し、問題がなければ明け渡しする

アパート・賃貸マンションの場合、不動産管理会社や大家さんに部屋を明け渡します。引越しの日程が決まった時点で日時を伝え、当日訪問してもらうようにしましょう。

すべての荷物が搬出されたら、不動産管理会社が立ち会って部屋の状態をチェックしていきます。このとき、汚れや傷などをチェックして敷金の返還額などを算出していくのですが、不当な費用を請求されるなどのトラブルも多く報告されています。このような金銭トラブルを避けるためにも、チェック時には必ず立ち会いましょう。

チェック後、問題がなければ鍵(スペアがあればスペアも)を返却して終了です。新居が遠くない場合は、引越当日はもちろん、後日明け渡しの作業をすることもできますので、管理会社や大家さんと相談をしておきましょう。

ページトップへ