賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

新居にて 電気・ガスの開栓



電気やガスは、アパート・賃貸マンションへの引越当日から必要になります。ご自身での操作や作業への立会いが必要になりますので、必要な手順をきちんと確認しておきましょう。なお、利用している会社によって条件や内容が異なることがありますので、事前に確認を行なって下さい。

電気を使用開始するための作業手順

電気を使用開始するための作業手順

新居に入居後、初めて電気を使用する際には、分電盤のブレーカーを自分で操作しなければなりません。その手順は以下の通りです。

  1. 分電盤のアンペアブレーカーのスイッチを入れる
  2. 漏電遮断器(漏電ブレーカー)のつまみを「入」にする
  3. 配線用遮断器(安全ブレーカー)のつまみを「入」にする

この通りに操作をしても電気がつかない場合は、ご利用の電気会社にすぐに電話をし、係員に確認してもらいましょう。

電気使用開始の申込みは事前にしておくのがベストですが、もしも忘れていた場合は、新居に備え付けられた開始申込書に必要事項を記入し、ポストに投函して下さい。また、電気会社のホームページやFAXでも申込むことができます。

ガスの開栓には立会いが必須

ガスの開栓には立会いが必須

ガスの開栓は住居内での作業もあるため、必ず立会いが必要です。主な作業内容は、ガス漏れ検査や点火確認です。また、ガス器具を安全に使用するための説明・確認と、使用料の支払い方法の説明・確認も行なわれます。このとき、コンロはもちろん、湯沸器やファンヒーターなどガスを利用する電化製品も確認することがありますので、事前に用意しておくと良いでしょう。なお使用料の支払い方法に関しては、開栓作業の申込み時に確認されることもあるので、事前に検討しておくことをオススメします。

もし、入居者本人の立会いが難しい場合は代理人の立会いでも問題ありません。しかし、ガス会社からは大切な確認や説明があるので、できるだけ入居者本人が立ち会う方が安心です。

ページトップへ