賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

転入届、運転免許の住所変更



アパート・賃貸マンションへの引越後の手続きで忘れてはいけないのが、転入届の提出と運転免許証の書き換えです。その他、手続きを忘れがちな資格の住所変更手続きについても紹介します。

転入届は引越後14日以内に届出を

転入届は引越後14日以内に届出を

転入届は、新居のある市区町村役場に提出します。原則として、引越後14日以内に提出しなければならず、遅れてしまうと罰則を受ける可能性がありますので注意しましょう。

提出の際に必要になるのは、運転免許証など身分を証明できるものと印鑑、そして転出届を提出した際に交付された「転出証明書」です。もしもこの「転出証明書」を紛失してしまった場合は、発行してもらった市区町村役場で「転出証明書に代わる証明書」を発行してもらうこともできます。新居へ移動する前に、「転出証明書」がきちんと手元にあるかを確認しておくと安心です。

また、国民健康保険、国民年金、老齢年金、印鑑登録などの手続きが必要な場合は、転入届の提出と一緒に行なっておきましょう。何度も市区町村役場に行く手間が省けます。

運転免許証の更新は早めに

運転免許証の更新は早めに

引越しにかかわる手続きでは、様々な場面で身分証明書の提出が求められています。そこで便利なのが、運転免許証です。早めに書き換えの手続きをすることで、その他の手続きもスムーズに行なうことができます。

住所変更の手続き(記載事項変更手続き)を行なうのは、新居の地域を管轄している警察署か、運転免許試験場です。警察署の場合、都道府県によって受付時間が異なる場合がありますので事前に確認しておきましょう。都道府県によっては、代理人でも手続きを行なうことができますが、身分証明書や住民票の写しなどが必要になることもありますので、事前に準備しておきましょう。

手続きには、運転免許証、申請書(申請場所に設置されています)、新しい住所を確認できる書類1通(住民票の写し※コピー不可、健康保険証、新住所に届いた消印付郵便物や公共料金の領収書など)の3点が必要になります。

なお、他の都道府県から転入する場合は申請用写真が必要な場合もありますので、事前に確認しましょう。

資格を持っている方は、住所変更が必要かをチェック

資格を持っている方は、住所変更が必要かをチェック

様々な資格の中には、引越しに伴う住所変更の手続きが必要なものもあれば必要でないものもあります。手続きが必要か、どのように手続きを進めるかなどは、資格を管理したり認定証を交付している機関などに問合せると良いでしょう。手続きに手間がかかるものもあるので、できるだけ早めに確認しておくと安心です。

ページトップへ