賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

自動車・バイクの住所変更



アパート・賃貸マンションへ引越しをする場合、自動車やバイクを所有しているとそれらに関する様々な手続きも行なわなければなりません。車種などによって手続きの方法が異なりますので、事前にきちんと確認し、不備のないようにしましょう。

自動車にかかわる様々な手続き

自動車にかかわる様々な手続き

自動車を所有している方は、車庫証明書、車検証、保険それぞれの住所変更手続きを行なわなければなりません。一般的な手続き方法を紹介しますので、参考にしてみて下さい。なお、必要書類などは都道府県や管轄の警察署によって異なることがありますので、事前にご確認下さい。

車庫証明書(自動車保管場所証明書)の住所変更

車庫や駐車場など自動車を置く場所が決まり次第、その地域を管轄する警察署で手続きをしましょう。交付には3~7日程かかりますので、できるだけ早く行なうことをオススメします。申請書類は警察署で受け取ることができますが、都道府県によっては警察署のホームページからダウンロードできることもあります。また申請には手数料(2,500円程度)もかかりますので、現金も忘れずに持っていきましょう。

なお、軽自動車の場合は、都心部など車庫証明書が必要な地域と不要の地域があるため、事前に確認をしておきましょう。

必要書類

自動車保管場所証明申請書、車庫の所在図・配置図、車庫の使用権原を疎明する書類1通(車庫が自己所有の場合は「保管場所使用権原疎明書面」、駐車場を借りている場合は「保管場所使用承諾証明書」)、収入印紙(申請窓口で購入)、住民票、印鑑

車検証(自動車検査証)の住所変更

車検証の手続きは引越後15日以内に、新居の地域を管轄する陸運支局で行なって下さい。軽自動車の場合は、軽自動車検査協会で手続きを行ないます。

引越しによって陸運支局の管轄が異なる場合は、ナンバープレートが変更となります。申請の際には車両を持ち込み、新しいナンバープレートの代金(普通・軽自動車の場合は1,500円程度)も忘れないようにしましょう。

必要書類

申請書、手数料納付書(印紙は陸運支局で購入)、自動車税申告書、車検証、引越先での車庫証明書(発行1ヵ月以内のもの)※1、住民票または戸籍謄本(車検証から新住所までの住所変更を証明できるもので、発行3ヵ月以内のもの)、 印鑑(認印)、委任状(代理人が申請する場合)※2

※1 軽自動車は「保管場所届出」となります。地域によっては不要の場合もあります。

※2 自動車ローンのため、所有者欄がディーラーやローン会社などになっている場合も委任状が必要です。事前に車検証を確認しましょう。

自動車保険の住所変更

最後に、自動車保険の住所変更です。加入している保険会社の指示に合わせて、住所変更手続きを行ないましょう。特にナンバープレートが変更になった方は、契約が無効になることがありますので、忘れずに行なうようにしましょう。

バイクの手続きは排気量によって異なる

バイクの手続きは排気量によって異なる

引越しに伴うバイクの手続き方法は、排気量によって違いがあります。いずれも引越後15日以内に手続きをし、保険の住所変更も忘れずに行ないましょう。

50~125cc(原動機付自転車)の場合

同じ市区町村に引越しをする場合、転居届の提出と同時に住所変更が行なわれるため、特別な手続きは必要ありません。他の市区町村に引越す場合は、現在の住所・新住所それぞれで手続きが必要になります。

まず引越前には、廃車手続きを行ないます。現在お住みの市区町村役場に必要書類などを持参し、手続きをして下さい。引越後は新住所の市区町村役場でバイクを登録し、ナンバープレートを交付してもらいます。

なお、新住所の市町村役場で廃車と登録の手続きを同時に行なえる場合もあります。同時の手続きが可能かどうか、どのような書類が必要かは、事前に市町村役場に確認しましょう。

旧住所での手続きに必要な書類

廃車申告書、標識交付証明書(紛失した場合は不要)、ナンバープレート、印鑑

【新住所での手続きに必要な書類】

標識交付申請書(役所で記入)、廃車届控、身分証明書、印鑑

126~250ccの場合

手続きは、新住所を管轄する陸運支局にて行ないます。同じ管轄内での引越しの場合でも手続きが必要になりますので、注意して下さい。なお、引越しによって陸運支局の管轄が変わる場合は自動車同様ナンバープレートも変更となりますので、申請時に持ち込むようにしましょう。

必要書類

軽自動車届出済証記入申請書または軽自動車届出済証返納届・軽自動車届出書(陸運支局で購入)、軽自動車届出済証(車検証)、自動車賠償責任保険証、住民票(発行3ヵ月以内のもの)、印鑑、委任状(代理人が手続きを行なう場合のみ)

※所有者がバイク販売店やローン会社などの場合、委任状に法人代表者印が必要になります。

251cc以上の場合

126~250ccの場合と同様、陸運支局で手続きをします。こちらも、同じ管轄内での引越しでも手続きが必要となります。また、陸運支局の管轄が変わる場合はナンバープレート変更されますので、申請時に持ち込むようにしましょう。

必要書類

申請書(陸運局で購入・記入)、手数料納付書(手数料は無料。陸運局で記入)、住民票(発行3ヵ月以内のもの)、印鑑、委任状(代理人が手続きを行なう場合のみ)

※所有者がバイク販売店やローン会社などの場合、委任状に法人代表者印が必要になります。

ページトップへ