賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

入学時の引越し



3月は入学や新学期を機にアパート・賃貸マンションでの1人暮らしをスタートさせる方も多く、引越しの繁忙期となります。ここでは、そんな繁忙期に行なう引越しのポイントや、初めての1人暮らしでの家具選びのポイントなどを紹介します。

早めに引越会社を決めよう

早めに引越会社を決めよう

3月中に引越しをしたいと思っている方は、早めに引越会社を決めるようにしましょう。3月は、新学期に合わせた学生だけでなく、社会人も引越しを行なう繁忙期です。早めに会社を決めておかないと希望する日時が埋まってしまい、依頼できなくなってしまいます。特に、スケジュールが埋まりやすい土・日・祝日を希望する場合や、長距離の引越しの場合は注意が必要です。

初めての1人暮らしで生活必需品を選ぶポイント

初めての1人暮らしで生活必需品を選ぶポイント

家具や日用品、電化製品は生活必需品ですが、すべてを買い揃える必要はありません。必要なものから優先順位を付けて順番に購入していき、その後は必要になったものを買い加えていくようにしましょう。そうすることで不必要な買い物をせずに済み、無駄な出費を抑えられます。

また、購入品を決める際に最も必要なのは自分の生活習慣や使用頻度に合わせることです。特にキッチン用品や掃除用品、電化製品がそうです。例えば料理を頻繁にするのであればキッチン用品を充実させたり、高機能な電化製品を購入しても良いでしょう。しかし、あまり料理をしないのであればキッチン用品は必要最低限で良いですし、高機能な電化製品は必要ありません。このように、それぞれのライフスタイルによって必要なものや大きさが変わってきます。

その他にも、家具や日用品、電化製品の選び方には以下のようなポイントがあります。

家具選びのポイント

ワンルームでの1人暮らしは、家具選びに失敗してしまうと、部屋が狭く感じたり、居心地の悪い空間になってしまいます。そうならないようにするためには、家具の配置場所やサイズ(縦、横、奥行き)を確認して部屋の広さを把握し、無理のない計画を立てましょう。また、背の低い家具を選ぶ、間接照明を活用するなど、少しの工夫で部屋を広く見せることもでき、ベッドやテーブルなどは収納力のあるものを選択することも大切です。

出費がかさみがちな電化製品に注意

1人暮らしの場合、電化製品の平均予算は12万円程度だと言われています。電化製品はひとつひとつの値段が高いため出費がかさみがちですので、大きさや性能は自分に合っているか、本当に必要かなどを考えながら購入していきましょう。

また、購入時には製造年に注意が必要です。製造年が古い程本体の価格が安くなるのは一般的ですが、古いからこそ日々の電気代がかかってしまうことがあります。購入価格は安くても、日々の電気代が高くなってしまっては本末転倒ですので、製品の使用電力などを確認するようにしましょう。

電化製品をお得に買うポイント

国内の有名メーカーに比べて海外メーカーの製品の方が、価格設定を低めにしていることが多いです。メーカーにこだわらないのであれば、目を向けてみてはいかがでしょうか。

また、新生活の季節になると、家電量販店では「新生活セット」などが販売されています。これは新生活に必要な電化製品がセットになったもので、お値段も比較的リーズナブルかつ家電を見比べる手間も不要なので、忙しい方にもオススメです。

家電量販店では、店舗によって料金やサービスが異なりますので、必ず複数の店舗を回って比較してみましょう。また、まとめ買いをすることで値下げしてくれる場合もあるので、交渉してみても良いかもしれません。

ページトップへ