賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

結婚時の引越し



大切な人と新生活を始めるための、賃貸物件への引越しは大きなイベントのひとつです。ここでは、スムーズに幸せな新婚生活を始めるためのポイントをご紹介します。

引越しのスケジュールや方法を検討する

引越しのスケジュールや方法を検討する

結婚は幸せな一大イベントですが、それに伴う作業も多いのが現実です。特に引越し、結婚式、新婚旅行に関する計画は同時に進めることも多く、負担になることもあるのではないでしょうか。そんなときは、新居の決定や引越しを早めに進めておくことをオススメします。もちろん、行事のスケジュールの立て方や負担軽減の仕方はそれぞれの状況によって異なります。仕事や引越しに関係する作業、結婚式や新婚旅行の予定を考えながら、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

また、引越会社には様々な引越プランが用意されています。2人が同時に引越しを行なうのか、それともバラバラの時期に行なうのかによってもプランが変更になる可能性もあります。また、すでに同棲していて1ヵ所から荷物を運び出す場合は問題ありませんが、それぞれが1人暮らしをしていて2ヵ所から荷物を運び出す場合など、状況によって適切なプランが異なりますので、見積もりの際によく相談してみましょう。

2人の持ち物を把握して無駄な出費を抑える

2人の持ち物を把握して無駄な出費を抑える

1人暮らしをしていた2人が結婚して新居で生活を始める際は、お互いに何を持っているかを把握しましょう。電化製品や家具、日用品はそれぞれ一通り揃っているはずですが、新居では2つも必要ありません。お互いがどのような物を持っているか、2人ともが持っている場合はどちらを新居で使用するか、持っているけれど買い換えなければならない物はないか、などをしっかりと確認しましょう。

1人暮らしのときに使用していたものを続けて使用する場合は、容量に問題がないかを事前に確認する必要があります。特に冷蔵庫や炊飯器、洗濯機などは、2人で使うには容量が小さすぎる場合もあるので注意が必要です。

このように事前に確認・相談しておけば、無駄な買い替えも必要ありませんし、不用品をまとめて処分する良い機会にもなります。そして何より、無駄な荷物を減らすことで引越料金を安くすることにもつながりますので、一石二鳥です。

ページトップへ