賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

ペットの引越し



アパート・賃貸マンションへの引越時は様々な人が出入りをします。大切な家族の一員であるペットには、人間の言葉が分からないからこそ快適な引越しをさせてあげたいものです。ペットはもちろん、飼い主にも負担がかからないよう、きちんとプランを立てて引越しを行ないましょう。

引越当日の居場所を確保する

引越当日の居場所を確保する

ペットを室内で放し飼いしている場合や玄関付近で飼育している場合は、当日の居場所を確保しておきましょう。邪魔にならない場所に置いたケージに入れておく、ペットホテルに預ける、親族や友人に預ける、など方法は様々です。

どうしてペットの居場所を確保するかというと、ペットへの負担を軽くするためです。ペットは引越しという意味が分からないからこそ、引越しの慌ただしい雰囲気や知らない人間の出入り(引越しの作業員など)によってストレスを感じたり、警戒心を高めて暴れてしまうことがあります。また、引越作業中には玄関などの扉を開けっ放しにすることが多いので、その隙に逃げ出してしまう可能性もあります。

さらに、作業員への配慮もあります。作業員の中には動物が苦手な人がいる可能性もありますし、ペットが周りにいると荷物の搬送の邪魔になってしまうかもしれません。

ケージやペットホテルなど、一時的とは言え普段とは違う環境に預けるのはかわいそうだと思ってしまうかもしれませんが、安全な作業を行なうためには大切なことです。

ペットの引越しの注意点

ペットの引越しの注意点

ペットは基本的に、引越業者のトラックに積んでもらうことができません。ですから、自家用車や公共交通機関を使って自力で移動させるか、ペット運送専門業者へ依頼しましょう。引越業者によってはペット運送のオプションサービスが用意されている場合もあるので、それを利用しても良いでしょう。

ペットの引越方法を検討するときは、引越しの状況や移動時間を踏まえた上で、それぞれの方法の利便性や欠点、料金などを比較しましょう。ペットに負担がかからない方法はなにかを考えることが大切です。

長距離の引越しによってかかりつけの獣医さんが変わる場合は、それまでお世話になっていた獣医さんに既往症や薬の名前を聞いておきましょう。新しい獣医さんにかかるときに情報を伝えやすくなるので安心です。また、引越しの際にはペットシーツやリード、おやつなどのグッズをひとまとめにしておくと便利です。

ページトップへ