賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

人形・ぬいぐるみの引越し



ぬいぐるみや人形は、知らず知らずのうちに増えてしまいます。引越しの際には、種類や大きさに合わせて梱包方法を変えることで、美しさを保ったまま新居へと運ぶことができます。ここでは賃貸住宅へ引越しをする際のぬいぐるみや人形の梱包方法を紹介します。

ぬいぐるみの梱包には、様々な資材を利用しよう

ぬいぐるみの梱包には、様々な資材を利用しよう

ぬいぐるみの量が多かったりサイズが大きかったりすると、ダンボールでの梱包が難しくなります。梱包方法に困ってしまった場合は、ダンボール以外の資材を利用してみましょう。ぬいぐるみは直接肌に触れるものですので、できるだけ雨や汚れを防ぐことをオススメします。

例えば、引越業者から提供されることが多いハンガーボックスや布団袋、自分で購入できる布団圧縮袋やゴミ袋が便利です。どれもダンボールより容量が大きいので、ある程度の量・大きさであれば対応できるでしょう。また、ハンガーボックスは型崩れが気になる人形も大切に運搬することができますし、布団圧縮袋はコンパクトにまとめることができて便利です。

ちなみにサイズが小さなぬいぐるみは、割れ物を守る緩衝材として使用したり、ダンボールの隙間を埋める場合にも使うことができます。

繊細な人形には細やかな梱包が不可欠

繊細な人形には細やかな梱包が不可欠

やわらかいぬいぐるみであれば個別梱包は必要ありませんが、日本人形やフィギュアなど繊細な作りのものは丁寧に梱包しなければなりません。美しさを保ったまま新居でも使用するために、少し手間をかけて梱包しましょう。

日本人形やフランス人形の個別梱包には、皿巻き紙やティッシュペーパーなどを使用するのが好ましいとされています。新聞紙を使用する際は、人形へのインク移りを防ぐためにも人形に直接触れないように注意して下さい。個別の梱包が済んだら、ダンボールや人形ケースに入れましょう。

人形を飾る際に使用するガラスケースがある場合は、タオルや緩衝材を詰めてガラスを固定し、梱包しましょう。ケースの種類によっては、ガラスが外れやすいものや接着剤を使わずに組み立てているものもあるので、取り扱いには注意しましょう。

フィギュアやプラモデルは無理のない程度に個別梱包し、ダンボールに詰めていきます。ダンボールに詰める際は緩衝材を敷き詰めてしっかりと固定します。購入時の箱などがある場合は、それを利用すると良いでしょう。また、衝撃に弱い部分がある場合は、紙テープやティッシュペーパーを巻いて補強しておくとより安心です。

ダンボールには必ず"割れもの""取扱い注意"などと記載して引越しの作業員に伝えておきましょう。

ぬいぐるみや人形が不要になったら

ぬいぐるみや人形が不要になったら

ぬいぐるみや人形は普段なかなか捨てることがありませんが、引越しを機に処分を検討する方も多いのではないでしょうか。地域の分別方法にもよりますが、ぬいぐるみや人形は、一般的に家庭ごみとして廃棄することができます。もちろんそのままごみに出しても問題ありませんが、塩をふってお清めをしたり、白い布や紙で包むなど、簡単な供養をしておくと良いでしょう。

ごみとして処分するのは抵抗があるという方は、供養やリサイクルをしましょう。

人形の供養で最も有名なのが、お焚きあげです。お焚きあげは全国の神社やお寺で行なわれていますが、日程や料金、人形の回収方法などが異なりますので、処分が決まったら早めに作業をしましょう。

企業による回収・リサイクルの利用や、施設への寄付も方法のひとつです。ただし、回収業者や施設によって条件やリサイクル方法が異なりますので、事前に調べて納得した上で依頼するようにしましょう。また、有名なキャラクターで状態の良いものであればリサイクルショップでの買取も可能です。

ぬいぐるみや人形には、持ち主の思いや魂が宿ると言われています。大切なのはごみにする・しない、手放す・手放さないではなく、きちんと感謝を伝え、心を込めて処分をしてあげることです。

ページトップへ