賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

トイレの水が流れない、止まらない



アパート・賃貸マンションで暮らしているとトイレの水が流れない、トイレの水が止まらないなどのトラブルに遭遇することがあります。そんなときは焦らず、トイレの様々な部品のチェックをしながら、応急的な対策をしてみましょう。

まずは、風呂場などの水を流す

まずは、風呂場などの水を流す

水が流れないときの最もオーソドックスな対策としては、風呂場や台所などの水を利用して流すことが挙げられます。バケツなどの大型の容器に水を入れ、レバーを回しながら便器に水を流せば、うまく排出することができます。このとき、あまり勢いを付けて流しすぎると便器から水がはみ出すなどのトラブルを招きやすくなります。"排出口に水を注ぎ込んでいく"要領で行なうことが大切です。

タンク周辺の部品をチェックしてみる

タンク周辺の部品をチェックしてみる

水が流れない、水が止まらないなどの原因として考えられるのが、タンク周辺の部品の調整具合や劣化です。

止水栓の開閉を確認する
止水栓は、タンクにつながる給水管についた栓のことで、ここの開閉の度合いで水の流れを管理することになっています。きつく閉まっていれば当然ながら水が流れませんし、全開していると水が止まらなくなる要因になります。止水栓の開閉が適切な状態で保持されていることが大切となりますので、締めすぎていないか、また、開きすぎていないか確認して下さい。
鎖をチェックしましょう
レバーとタンクの底部にあるゴムフロートをつないでいる鎖を確認して下さい。鎖が錆びたり、傷付いたり、たるんでいる場合、タンクに水が貯まらず、排出機能を正常に作動させることができませんので、交換することが必要です。鎖はホームセンターなどでも購入できます。
浮き球はひっかかっていないか
水を循環させるために大切な部品が浮き球ですが、水が流れると下がり、もとの位置に戻ることで水が止まる仕組みになっています。まれにこの浮き球がタンクの内壁などにひっかかってしまうことで水の循環を妨げてしまうことがあります。タンクが空っぽになってしまうと水が流れなくなりますので、浮き球が適切な場所に置かれているかをチェックするようにしましょう。
ボールタップの確認
給水を行なう部品のことをボールタップと呼び、浮き玉と給水管をつないでいます。このボールタップが汚れ等でうまく機能しないと、水が流れなくなったり、止まってしまったりする要因になります。軽い汚れなら掃除することで対応できますが、場合によっては部品の付け替えも必要になります。

応急処置だけでは対応しきれない場合

応急処置だけでは対応しきれない場合

様々な部品をチェックしても水の循環が行なわれない場合は、水まわりのメンテナンス会社に連絡しましょう。その際、詳しく日々の保全対策をヒアリングし、トラブルを未然に避けるための専門知識を養うことも大切になります。

ページトップへ