賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

便器が詰まってしまった



便器に想定以上の負荷をかけてしまうと「詰まり」を引き起こしてしまいます。アパート・賃貸マンションでトイレの水が流れないという状況は、日常生活において大きな負担となるので、まずは正しく使用する心掛けが大切になるでしょう。ただ、それでも詰まってしまうことがあります。特に小さなお子さんのいる家庭では、不慮のアクシデントは付き物です。ここではそうしたシチュエーションに直面した際、その原因を把握し、自前で改善できるいくつかの対策法を紹介します。

便器の詰まりは水位の低下で判断できる

便器の詰まりは水位の低下で判断できる

便器は原則として、流すことができるものが限られていますが、想定外の物を流してしまうことがあります。これが、"詰まり"を引き起こすほとんどの要因です。トイレットペーパーを必要以上に大量に流してしまったり、ガムやビニール、不溶性のペーパー類、固形物などが対象になります。

便器詰まりの兆候は、水位の低下で判断することができます。排出口に何かが詰まった状態でレバーを引いて水を流すと、便器内の水位は最初、上がりますが、次第に水位は通常の状態よりも低下します。この状態では、水が便器から溢れて床面を水浸しにしてしまう恐れがありますので、水位の変化は注意深く見るようにしましょう。ただ、そうした状況の場合は、早急に水が流れる状態に改善する必要があり、主な対策としては下記のものが挙げられます。

ラバーカップを使用する
"詰まり"の改善策として、役立つのがラバーカップです。使用方法はとてもシンプルで、まず、排水口にラバーカップを押し付けます。このとき、水が飛び散らないようにすることが大切となりますので、ビニールシートなどでラバーカップを覆うようにしておくことをオススメします。そして、ラバーカップを排水口に密着させた状態から、勢いよく引き上げて下さい。これで多くの場合、水を通すことができるようになります。
ワイヤーブラシで詰まりを解消する
水に溶けにくい物質が詰まっていた場合、なおかつ、ラバーカップでも除去できない場合の対策法です。排出口にワイヤーを通して詰まりの原因となっている物質を取り除きます。ワイヤーの長さは様々ですが、あまり長すぎても操作がしにくくなりますので、3mくらいのワイヤーブラシが最適でしょう。
真空ポンプで水を逆流させる
ラバーカップと仕組みは同じで、吸引力を使って水の流れを改善させるものです。水まわりのメンテナンス会社も使用していますので、高い効果を発揮する道具と言えるでしょう。ただ、商品の値段が様々で、機能性が高くなる程値段も上がります。必要に応じて購入の判断をすることが大切です。
業者に依頼する
以上の方法で改善を試みたあとは、レバーの「小」や、バケツなどを利用してゆっくりと外から水を流してみましょう。詰まりが改善されない場合は、勢いよく水を流すとあふれてしまう恐れがありますので、ゆっくり流すことを心がけて下さい。もし改善されていない場合は、水まわりのメンテナンス会社に依頼するようにしましょう。
ページトップへ