賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

温水洗浄便座が動かない



温水洗浄便座が正常に作動しないことは賃貸住宅のトラブルで良く聞くもののひとつです。快適さが長所の温水洗浄便座だけに、いざ動かなくなってしまうと不便に感じ、落ち着かなくなることもあるでしょう。日頃からのメンテナンスが大切ですが、電源をオフにしたことを忘れてしまうなど、意外と単純な電源問題が原因という場合も多いはずです。ですから、あわてず対策を行なえるようにしておくことが大切になるでしょう。

停電していないか

停電していないか

温水洗浄便座は機械ですので、停電していると作動させることができません。外が明るい時間帯であれば気づきにくい場合もありますので、トイレの照明がつくかどうかをまず確認するようにします。もし電気が流れていないのであれば、ブレーカーが落ちている可能性がありますのでチェックしましょう。

電源をチェックする

電源をチェックする

メンテナンスや節電対策をしっかりと行なっている家庭で多く発生することとしては、プラグをコンセントから抜いたことを忘れていることが挙げられます。プラグとコンセントがしっかりと結合されているかを確認することが先決になるでしょう。その際、プラグの「切り表示ランプ」が点灯しているかをチェックして下さい。もし点灯している場合は「入」ボタン(リセットボタン)を押して、ランプを消して下さい。

運転ランプを確認する

運転ランプを確認する

温水洗浄便座を作動させるためには、「運転ランプ」がついていなければなりません。本体表示部分にある「運転ランプ」が点灯しているかを確認しましょう。もしランプが灯っていない場合は、操作部分の「運転スイッチ」の「入」を押してみて下さい。

温水洗浄便座とベースプレートが固定されているか

温水洗浄便座とベースプレートが固定されているか

温水洗浄便座は、便器に取り付けるためのベースプレートにしっかりと固定されていなければ、作動しない仕組みになっています。もし外れているようであれば、温水洗浄便座をベースプレートに「カチッ」という音が鳴るまでしっかりと差し込むようにして下さい。

リモコンの電池を確認する

リモコンの電池を確認する

リモコン式の温水洗浄便座の場合、リモコンの電池残量がなくなっているケースがあります。機種によってリモコンのタイプが異なりますので、説明書にしたがって電池を交換するようにしましょう。

専門業者に相談する

専門業者に相談する

温水洗浄便座は電気で作動する機械ですので、高度な専門知識が必要なケ―スが多々あります。トラブルが発生した場合、一般の家庭で対応できることは限られてくるので、紹介した方法等で改善が見込まれないときは、メーカーに問合せるようにして下さい。

ページトップへ