賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

温水洗浄便座から水漏れしている



機能性の高さがウリの温水洗浄便座だけに、「ちょっとくらい掃除をしなくても大丈夫」という意識があると、その機能性が損なわれるどころか、大きなトラブルにつながりかねません。そのひとつが温水洗浄便座からの「水漏れ」です。温水洗浄便座は電化製品ですので、経年劣化や機器の不具合が発生することは避けられませんので、アパート・賃貸マンションに入居する際は必ず動作確認をしましょう。ここでは「水漏れ」が発生する要因と、自分でできる対処法を紹介します。

各パーツの経年劣化が大きな要因

各パーツの経年劣化が大きな要因

水漏れが発生してしまう最大の要因は経年劣化です。温水洗浄便座には、温水を出すノズルやパッキンなど、機械全体を正常に作動させるための様々なパーツが組み込まれていますが、どの部品もとても重要なものです。日頃のメンテナンスを怠り、"見た目がきれいならそれで良い"という姿勢でいると、どこかで支障をきたしてしまうことは十分にあり得ます。当然、乱暴な扱い方をしていても、部品の寿命を締めてしまことにつながりかねません。痛んだパーツは機能性を下げる要因になってしまいますし、部品をつなぐ隙間から水が漏れ出してしまうリスクもはらんでいます。トイレ掃除をする際には、各所にあるパーツの汚れ具合などをチェックしながら行ない、部品交換なども想定することが大切になるでしょう。

水漏れの主な対処法

水漏れの主な対処法

経年劣化が水漏れの大きな要因ですが、最も多く発生する例としてはパッキンの消耗が挙げられます。パッキンとは、パーツの継ぎ目に挟みこむような形で使用する水漏れ対策の必需品ですが、これは年月の経過とともに痛んでいくことは避けられません。ですから、水が漏れ出していることに気付いた場合、まずここをチェックします。もしひびが目立っていれば、多少の煩雑さや手際を必要としますが、ホームセンターなどで交換用のパッキンを購入し、自分で交換してみるのも良いでしょう。その際、装着させる箇所の口径をきちんと確認するようにし、適正サイズのものと交換することが大切になります。

また、温水を出すノズルから水漏れすることもあります。最近は、ノズルを保全するために、「ノズル洗浄ボタン」というものが附属している機種が多くなっていますので、日頃からこまめに洗浄するよう心掛けましょう。

専門業者に相談する

専門業者に相談する

パッキンの劣化が要因の場合は自前で修繕することは可能ですが、温水洗浄便座は多くの専門的な部品で構成されています。水漏れの原因を突き止めることが難解な場合も多々ありますので、"何が何でも自分で修理する"と考えすぎてしまうと、別のトラブルを起こしてしまう恐れもあります。そんなときは、専門業者に修理を依頼し、日々のケア方法をヒアリングするようにしましょう。

ページトップへ