賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

トイレタンクから水漏れしている



トイレで最も水漏れが起きやすいのがトイレタンクです。水を貯めておく機能として不可欠なものですが、ときに賃貸トラブルの発生源になってしまいます。タンクからの水漏れそのものは、便器に少しずつ水が流れるのが一般的なトラブルですので、トイレの床を水浸しにしたり、トイレが使えなくなるなどの大きな障害にはつながりにくいので、緊急性の高いトラブルとは言えないかもしれません。とは言え、いつまでも放置しておく訳にもいかないので、できるだけ早い対処が望まれます。タンクからの水漏れは、オーバーフロー管と浮き玉を起因とするものが圧倒的に多く、ここではその2つの原因と対策を紹介しましょう。

オーバーフロー管を確認する

オーバーフロー管を確認する

オーバーフロー管は、タンク内に垂直に立てられた管のことです。タンク内の水を一定の水位に保つために設置されているもので、予定していた水位を超えて水が貯まりそうになった場合、管の内部を通すことで水をあふれさせず便器に排出する機能を備えています。このオーバーフロー管を超えて水が流れ込んでしまうと、水漏れにつながるという訳です。水がオーバーフロー管を超えてしまう要因としては、外部から水をタンクに流すための開閉を行なっているピストンバルブの劣化や、浮き玉が正常に働いていないケース、さらに、オーバーフロー管そのものが損傷してしまっていることも考えられます。経年劣化などの消耗・破損が認められる場合は、部品の交換をするようにしましょう。

浮き玉の状態を確認する

浮き玉の状態を確認する

浮き玉は水の供給などの調節を行なうために大きな役割を果たしています。タンクに水が貯まれば浮き上がり、逆に水を便器に流せば下がっていく仕組みです。この浮き玉が正常に動作しないと、水漏れの大きな要因になります。そこでまず、トイレタンクのフタを開けて浮き玉の状態を確認するようにしましょう。チェック項目としては、ボールタップと浮き玉をつないでいる棒が外れていないか、また、ゴムフロートと浮き玉をつなぐ鎖が外れていないかもチェックして下さい。ゴムフロートとは、タンクの底に設置されている便器への水供給の最後の砦の役割を果たすもので、タンクレバーを引くことで持ちあがる仕組みです。この鎖が外れていたり、劣化して役割を果たせなくなっているケースがあります。

部品を大切に扱う

部品を大切に扱う

いずれにせよ、タンクを構成している部品はすべて、有機的に機能を発揮することで水供給という大義を担っています。ひとつでも劣化や機能を欠いた状態にあれば、水漏れをはじめとしたトラブルを発生させる要因となるので、日頃から部品に対するメンテナンスを行なうことが重要です。その上で、応急的な対処法を身に付けておくことが必要になるでしょう。

ページトップへ