賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

水道の蛇口から水漏れしている



水道の蛇口からこぼれ落ちる水の音が気になって、眠れないという経験をした方もいるのではないでしょうか。ハンドルをしっかり締めているはずなのに、どうしても水が漏れ出してくるのは、水道の水漏れで最も多いトラブルです。水が流れ続けるということは、それだけ水道料金も積み重なっていくということですので、小さな賃貸トラブルとして放置することはできません。

蛇口には様々な種類がある

蛇口には様々な種類がある

蛇口には様々なタイプがあります。キッチンや洗面台などで多く使用されているシングルレバー式や、お風呂場に設置されている温水と冷水の調節ができるようになったサーモスタット型の水栓、さらに、ハンドルが2つ付いたものなど、賃貸住宅の建築年数によっても設置されている水道栓はそれぞれ違っています。ただ、蛇口からの水漏れに関しては、そのほとんどが部品の経年劣化など、同じ原因を抱えていると言えるでしょう。ここでは、水漏れの主なトラブル例をご紹介します。

先端部からの水漏れ
水道栓の蛇口からポタポタと水が漏れている場合は、バルブやゴムパッキンの消耗が一番の要因です。部品は当然ながら消耗品ですので、経年劣化による機能の低下が見られる場合は部品を交換しましょう。
パイプからの水漏れ
水道栓とパイプをつなぐ箇所からの水漏れです。このケースでは、中に装着されているナットの劣化や、ゆるみが発生している可能性が高いですので、取り替えるか締め直すようにしましょう。
水道栓の付け根からの水漏れ
水道栓と壁内部にある配管の装着部分から水が漏れ出ているケースです。水道栓はねじ込むような形で配管に設置されていますので、その結合部分に装着されているパッキンや、ネジに巻き付けられているシールが劣化している可能性があります。
ハンドルからの水漏れ
水供給を開閉しているハンドルの下には、カバーナットが装着されています。その内部に設置されているのがパッキンですが、これが古くなっていると水漏れを起こすことにつながります。

専門業者への相談も

専門業者への相談も

蛇口の構造はとてもシンプルですが、その高い機能性は多くの部品が支えています。どうしても時間の経過とともに劣化を起こしてしまいますので、自前で部品の交換をできるようにしておきたいところです。それでも水漏れが修繕できない場合は、近くのメンテナンス会社に相談するようにして下さい。

ページトップへ