賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

水漏れの原因 ゴムパッキンを交換する



アパート・賃貸マンションでの水道の水漏れはゴムパッキンなどの劣化が大きな要因になります。ここでは、比較的簡単に行なうことができる、ゴムパッキンの交換方法を紹介します。

パッキンの交換場所を把握する

パッキンの交換場所を把握する

継ぎ目からの水漏れを防止する役割を担っているパッキンですが、その汎用性は高く、様々な箇所で使用されています。ハンドル下、パイプと水道栓をつなぐ間、壁内と水道栓をつなぐ間など、どこのパッキンが消耗しているのかを正確に把握することが大切になります。それを把握しないままで修繕を行なってしまうのは無駄な作業になるので注意しましょう。交換用のパッキンは、ホームセンターなどで購入できますが、修繕する箇所のサイズと同じものを選ぶようにして下さい。隙間をなくすことがパッキンの主目的になりますので、ここにゆるみがあれば当然ながら水漏れを防止することはできません。

ハンドル下のパッキンを交換する場合

ハンドル下のパッキンを交換する場合

作業に取り掛かる前には必ず止水栓を閉じ、水供給をストップさせてから始めて下さい。用意するのは交換用のパッキンと、ウォータープライヤー(開口部の先が少し曲げてあるペンチ)になります。ウォータープライヤーは水道蛇口の修繕の必需品ですので、一家にひとつ用意しておくと便利です。ハンドル下のパッキン交換は、2つの種類があります。蛇口先端から水漏れしているケースと、ハンドル内部にあるナットから水漏れしている場合で、それぞれで交換するパッキンが異なります。

蛇口先端からの水漏れ
蛇口先端から水漏れしているケースは、水道栓の内部にあるケレップの損傷や、そこに付随しているパッキンが消耗している可能性が高いので、この交換を行ないます。まず、ウォータープライヤーでハンドル下に付いているカバーナットを外して下さい。ハンドルを取ると中にケレップがあります。これは繊細な部品になりますので、注意しながら取り外すようにし、ケレップに付いているパッキンを交換して下さい。
ハンドル内のナットからの水漏れ
ハンドルに付いているビスを外し、ハンドルとカバーナットを取り外して下さい。中にゴムパッキンが装着されていますので、交換して下さい。

パイプの根元からの水漏れの場合

パイプの根元からの水漏れの場合

パイプと水道栓の継ぎ目にあるパッキンを交換します。まずパイプ上部のナットを外してパイプを取り出して下さい。水道栓側に下から上に向かってパッキンは装着されていますので、交換します。

水道栓と配管の継ぎ目からの水漏れの場合

水道栓と配管の継ぎ目からの水漏れの場合

水道栓は壁内部の配管にねじ込むように取り付けられていますので、まずは水道栓を外して下さい。水道栓を取り付ける側にはネジが接合されており、ここにあるパッキンやシールテープを交換します。なお、水道栓を取り外した際には、配管の掃除を行なうようにしましょう。

ページトップへ