賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

排水溝からの悪臭



食材のカスや湯垢などの異物がつまると悪臭の大きな要因となります。そうならないためにも、「なぜ悪臭が出るのか」という要因を見付け出し、臭いのもとを断ちきることが大切になります。ここでは、アパート・賃貸マンションにおけるキッチン、洗面台、お風呂など、それぞれの排水溝から発生する悪臭の原因と対処法について紹介します。

キッチンからの悪臭

キッチンからの悪臭

台所の排水溝が詰まると、水の排出ができず、異物や汚れた水がシンク内に滞留してしまうことになります。すぐに詰まりを解消すれば良いのですが、改善せずに使い続ければ異物はいつまでも留まり続け、悪臭が周囲に広がってしまいます。

まずは排水溝に詰まった異物を取り除き、シンクをキレイに掃除しましょう。また、排水溝には、嫌な臭いや害虫の屋内侵入を防止するために「排水トラップ」というものが設置されています。これは下水の方から漂ってくる嫌な臭いを防止するためのものであり、排水トラップをキレイな状態に維持しておくことも悪臭の防止のためには重要になります。

洗面台からの悪臭

洗面台からの悪臭

悪臭のもととなるのは多くの場合、油や食べ物カスなどです。そのため、キッチンと同様の悪臭は、洗面台ではなかなか起こりにくいと言えます。ただ、下水からの悪臭が屋内に入り込んでくるケースはありますし、パイプ用の洗剤を使用してもあまり改善は期待できないでしょう。なぜなら、これは悪臭の侵入を抑えている排水溝に設置されている排水トラップが破損している可能性が高いためです。汚れが発生しているくらいであれば、ブラシ等を用いて掃除すれば良いのですが、破損の場合は修理が必要です。排水トラップは排水設備においてとても重要な箇所ですので、できればメンテナンス会社に相談するのが良いでしょう。

お風呂からの悪臭

お風呂からの悪臭

お風呂場の悪臭の要因はいくつかあります。密室空間なので、換気が悪いと臭いのもとになりますし、湯垢が浴槽内などにこびり付くことで臭いを発生させることもあります。まずは、お風呂場の換気をよくすることが大切になります。その上で、お風呂場用洗剤を使って掃除するように心がけましょう。

もうひとつの大きな原因としては、排水溝からの臭いが挙げられます。髪の毛や体から出た皮脂が排水溝に流れこみ、それが蓄積して臭いを発するケースもあれば、下水からの悪臭を封じ込めている排水トラップの破損や汚れが原因として考えられます。排水溝の詰まりが原因であれば掃除するようにし、排水トラップが原因であれば、メンテナンス会社に相談するのが最適でしょう。

ページトップへ