賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

賃貸マンションで水漏れを起こしたら



お風呂の水があふれてしまい、階下に水漏れしてしまったり、逆に自分の部屋に水漏れが起きたりということは、アパート・賃貸マンションに暮らす場合にはあり得ることです。また、水漏れの原因は、マンション内の配管の劣化によることもあるので、様々なケースを想定しておきましょう。

まずは、水漏れの原因を考える

まずは、水漏れの原因を考える

水漏れを起こす要因としては、お風呂場やキッチン、洗濯機などの水道を開けっぱなしにして水が流れ続ける状態になってしまっていることが挙げられます。

お風呂の場合は、湯船に水を入れながらそのまま眠ってしまうケースが考えられますが、排水管が適切な機能を果たしていれば、うまく水を排出してくれるはずです。ただ、詰まりや破損があると、風呂場から水はあふれ出し、和室やフローリングの部屋を浸食してしまいます。室内で洗濯機を使用している場合は、排水管とつながれているホースが外れ、床の隙間から水が階下に落ちていくことも可能性として考えられます。水漏れはこうした入居者のちょっとした不注意によって発生することも多いので注意が必要です。

また、水漏れが発生し、階下の住人に迷惑を及ぼしているかどうかは、クレームが出ないと判断できないという側面もあります。他の住人とのトラブルを避けるという意味でも、日頃から"水は管理するもの"という意識を強く持ちましょう。仮に過失が認められてしまった場合は、損害賠償を請求されてしまうことも考えられますので、リスクを未然に防ぐ心構えが大切です。

もしも、水漏れ被害にあったら

もしも、水漏れ被害にあったら

天井から水がポタポタと落ちてくる…。そんなシチュエーションに直面したら、最初にするべきなのが水漏れを起こしている部屋を特定することです。直接、上の階の住人を訪問することが手っ取り早い方法と言えますが、できればそれは回避したいところです。被害に遭っているのは間違いないことですが、加害者と被害者という構図の中に、赤の他人同士が直接、顔を合わせることは予測しえないトラブルを引き起こしかねませんので、オーナーや管理会社に問合せることを第一手にするべきです。キッチンやお風呂場の水を流しっぱなしにしている過失の可能性は確かにありますが、排水管の損傷など経年劣化が要因になっていることもあり得ますので、その場合は上の階の住人に非はないと言えるかもしれません。水漏れトラブルは、一概に人為的なミスとは言い切れませんので、感情的にならず第3者を交えて解決策を見付けていくようにしましょう。

ページトップへ