賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

電気がつかなくなったときの対処手順



自然災害時の停電や、テレビ、電子レンジ、エアコンなどの電化製品を同時に使いすぎてブレーカーが落ちるなど、様々な原因で電気の供給がストップすることがあります。特にアパート・賃貸マンションでは使用可能な電気容量が大きくないためブレーカーが落ちるということがよくあると思います。ここでは、突発的に部屋への電気供給がストップした際の対処方法をご紹介します。

自然災害や工事による停電

自然災害や工事による停電

電気がつかなくなる理由は、いくつかの可能性が挙げられますが、ひとつは停電です。台風や雷など自然災害によって地域一体の電気の供給がストップした状態になります。この場合は、電力会社が復旧を進めますので、しばらく時間を置いてみることが必要になります。復旧状況を確認したい場合は、電力会社のサポートセンターに問合せてみましょう。ただし、回線が混雑していて、なかなかつながらないケースも想定されますので、根気よく復旧を待つことが大切です。

また、近くで電線にかかわる工事をしている場合、電気の供給は工事を行なっている期間、ストップすることになります。このケースでは、事前に工事会社からチラシなどで連絡が来ているはずですので、電気を使用できない時間帯を把握して生活のスケジュールを立てるようにしましょう。

アンペア数を超過した場合

アンペア数を超過した場合

各部屋には、最大で使用できるアンペア数というものがあります。これを超えて電気を使用してしまうと、ブレーカーが落ち、電気の供給がストップします。仮に使用可能な電力を超えてしまうと、「バチッ」という音とともにブレーカーが落ちます。この場合、まず使用している電化製品のスイッチをすべてオフにして下さい。その上で、夜間であれば懐中電灯などの明りを使って、玄関先などにある分電盤をチェックしましょう。複数のスイッチが並んでいますが、ブレーカーの「入/切」スイッチがありますので、これが「切」になっていれば「入」にします。

漏電遮断機がオフになっている場合

漏電遮断機がオフになっている場合

漏電とは、読んで字のごとく電気が漏れる状態のことを指し、火災や感電の大きな要因となるので、最大限の注意が必要になります。仮に漏電している場合、それを検出して電気の供給をストップさせるのが漏電遮断機の役割です。漏電ブレーカーの「入/切」スイッチが「切」になっている場合は、「入」にすることもできますが、漏電が発生しているのであれば、その原因箇所を特定することがとても大切になります。ただ、電気は大きな事故につながりますので、管理会社や電気会社に相談するのがベストの選択と言えるでしょう。

ページトップへ