賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

じゅうたんに液体をこぼしてしまった



アパート・賃貸マンションで暮らしていると、できるだけ汚さないように意識して「後々、修繕費がかからないようにしたい」と考えるのが一般的です。ですが、そんな心掛けを抱いていても、ちょっとした不注意で部屋を汚してしまうのはよくあることです。その代表例がじゅうたんなどのシミでしょう。ここでは、じゅうたんにお茶やコーヒーなどの液体をこぼしてしまった際の対処方法を紹介します。

すぐに対応することが大切

すぐに対応することが大切

じゅうたんに液体をこぼしてしまうことは"起こり得るリスク"と考えることが大切でしょう。じゅうたんの上に、もう1枚ラグのようなものを敷いておくことも対処法として考えられますが、"液体をこぼしたらすぐに対応する"ということが重要です。液体はじゅうたんにしみ込むように付着し、時間が経過すればする程に汚れを落とすことは困難になります。じゅうたんのシミ取りは、早期解決が一番の特効薬なのです。

用意するもの

用意するもの

事前にシミを除去するための道具を一式、揃えておくことが大切です。主なものは下記の通りになります。

タオル・ぞうきん
こぼした液体をふき取るために使用します。数枚用意しておくと効果的です。こぼした量が少量であれば新聞紙でも代用できます。
バケツなどに入れて作業する場所の近くに置いておきます。
ゴムなどの手袋
作業を円滑にするための道具であり、手荒れ防止に役立ちます。
薬品
中性洗剤などの薬品です。

乾いたタオルを押し当てる

乾いたタオルを押し当てる

液体をこぼしてしまったら、まず乾いたタオルを付着箇所に押し当て、その上からトントンという要領で叩きましょう。汚れをタオルに移し替える作業になります。叩いていると、タオルが濡れてきますので、タオルの乾いている箇所を利用しながら作業を続けましょう。タオルで付着箇所をこすってしまうとシミの範囲を広げてしまうので、必ずトントンと軽く叩くようにします。

ちなみに、赤ワインをこぼしてしまった場合は塩が効果的です。塩が汚れを吸い取ったのを確認したあと、掃除機をかければ汚れが取れます。

付着箇所に水をかけて汚れを吸い取る

付着箇所に水をかけて汚れを吸い取る

付着箇所の水分がなくなったと判断したら、キレイな水を付着箇所に少しだけかけます。そして、乾いたキレイなタオルを押し当てて、同じ要領で水分を吸い取りましょう。タオルはどんどん濡れてきますので、乾いた箇所を順繰りに押し当てながら作業を進めて下さい。また、油分を含んだシミの場合は、使用する乾いたタオルにベンジンや中性洗剤を少量塗って下さい。それを付着箇所に押し当てて、同じ要領でシミを吸い取っていきます。

最後はぞうきんを水に浸し、液体が付着していた箇所を拭き取ります。ここでゴシゴシと拭く行為はじゅうたんを傷付けることになりますので、ソフトに作業するよう心掛けましょう。

ページトップへ