賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

賃貸情報

サッシや網戸の動きが悪い



網戸やサッシは、雨や風など外的な圧力が加わっているので、アパート・賃貸マンションでも滑りが悪くなるというトラブルは発生しやすいです。網戸・サッシは消耗品ですので、時間が経てば傷みが生まれることは避けられません。ここでは、そうしたときの対処法を紹介します。

戸車を調節する

戸車を調節する

網戸やサッシは動きを作るために「戸車(とぐるま)」が設置されていますが、動きが鈍い場合などは、多くがこの戸車の滑りが悪くなっていることに起因します。ですから、まずは戸車が正常に作動するように修繕を行なう必要があります。

網戸・サッシを取り外す
戸車を修繕するために、まずは網戸・サッシを窓枠から取り外しましょう。「はずれ止め」という部品が設置されていますので、それを軽く緩め、部屋の外側に持ち出すようにして外します。
戸車をチェック
戸車が正常に回転するか確認しましょう。手で回しても動きが鈍い場合は、寿命が来ている可能性があります。戸車の寿命はおよそ3~4年とされていますので、もし、寿命と判断できれば交換が必要になるでしょう。戸車がきちんと動いている場合は、まずは周辺をキレイに掃除します。ゴミが内部に詰まっているようであれば、ピンセットや爪楊枝など先の細いもので取り出しましょう。
戸車に潤滑剤を差す
特に変調が見受けられず、ゴミの掃除も完了すれば、戸車の滑りを良くするために油系の潤滑剤などを差します。その上でもう一度、正常に作動するか手で動かしてみましょう。このとき、戸車が揺れるような動きをしている場合は、設置している高さが低くなっている可能性がありますので、ドライバーでネジを外し、間に木板などを挟み込んで、高さを調節するようにして下さい。
戸車が消耗している場合
戸車が寿命を迎えている可能性もありますので、この際は部品の交換を行ないます。ホームセンターで販売していますが、様々な種類がありますので、まずは取り外しを先に行ない、同じものを見比べて購入するようにしましょう。ドライバーでネジを外し、戸車を入れ替えるだけの作業なので難しさはありません。

レールを交換する

レールを交換する

戸車をチェックする際に、ぞうきんや、ハブラシなどを使用してレール内の汚れを除去ることも忘れないようにしましょう。その後、レールに異常がないかを確認します。ゆがみなどの変形が出ていると、網戸やサッシを正常に動かすことはできません。もし異常が認められた場合は、交換することも必要になります。

ページトップへ